時には立ち止まる事が必要

林田です。

 

今週は自分のビジネス全体の見直しを
行う予定です。

 

 

僕はこんな仕事をしているので、
1人で考えても良い答えを見出せないのは
分かってるつもりです。

なので外部の方に相談をしながらいま一度
自分が理想とするビジネスの進め方を
整理するという感じです。

 

 

 

商売をしていると、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「理想」よりも「現状」に引っ張られる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
傾向が強く出てくるものです。

 

そして、その「現状」が「理想」だと
勘違い、もしくは自ら言い聞かせるような
こともよく起こります。

 

 

心のどこかで、

「今の状況が自分の理想の状態だ」とか、
「これが自分が望む理想的な方向だ」とか、

まるで自分を無理やり言い聞かせる様な
感じですかね。

 

 

 

 

僕は毎月、外部のご相談相手にいろいろ
相談しています。

でも、正直なところ、
相談したい事が毎月ある訳ではありません。

 

 

自分の思考や行動って、
日々の出来事で必ず微妙な変化を
起こしています。

 

その変化に気が付かずに、
「今=理想」と思い込んでしまう。

そう言う事を避ける意味でも相談しているし、
1か月で起こったあらゆる事から自分が望む事が
微妙に変化している事も多々あります。

なので毎月相談をお願いしています。

 

 

 

 

商売を続けているかぎりは、
変化の連続だと思います。

 

極端な言い方をするなら、
3日前に思っていた事も変わります。

なので1年前に思っていた理想の状態が
変わるのは当たり前と言えます。

 

 

それ相応の志を持っているなら、
日々刻刻と変化しています。

 

 

 

この変化に敏感に気が付き、
自分の理想を追い求めるためには、

・客観的意見をもらう
・立ち止まって考える時間を取る

いろいろやれる事があると思います。

 

 

 

もっとも良くないのは、
何も考えずに今まで通りに進める事だと
僕は思います。

 

 

小さな変化、違和感にいかに早く気付き
対応するか。

 

良い商売を続けていくには大切ですね。




無料メールマガジンでは、
ほぼ毎日この様な記事を発信しています。

ぜひ下記から今すぐご登録ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓
無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です