ハーバードのおもしろ実験

わだちコンサルティングの林田です。

 

ハーバードビジネススクールで
こんな実験をしたそうです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

学生にビジネススーツを着用させたら、
人間関係や他人の利益に払う注意が
大幅に減った、と。

 

日本人風に言い換えると、
「なめんなよ俺を」という感じで
自分を強くアピールする様になったんです。

そして、他人への思いやりが減りました。

 

 

 

ただ私服をビジネススーツに変えただけで
大幅に人としての振る舞いが変化しました。

 

この理由は色々考えられるとの事でしたが、
そのうちの1つとして、

「お人よしになってしまう事を恐れて、
より品格ある自分を引き出そうとしなくなる」

というものです。

 

要は、スーツを身にまとうと、
スーツを着ている自分相応の振る舞いを
しなければいけない、という思い込みが
発生してしまうという事です。

 

 

 

僕はこの実験結果を聞いて考えさせられました。

というのも、
私たちはやはり自分の相応の肩書きがあり、
その肩書き相当の価値を提供しなければ、、、と
考えるのがフツーです。

 

ですが、逆に言いますと、
「肩書きに囚われすぎてしまう事によって、
人間らしい振る舞いが最優先事項ではなくなる」
というのを知らず知らずのうちにやってしまう事が
起こり得ます。

 

 

 

 

当たり前の事なんですけど、
サービス提供者はプロとしての価値以前に、
人間としての相応の振る舞いが大切になります。

どれだけ素晴らしい専門分野を持っていても
人としての欠陥があれば台無しになりますよね。

 

 

上記の実験では、
スーツに着替えるだけで人間としての温かみが
欠けてしまった、と書かれています。

これは無意識の結果でしかありませんし、
私たちも自分の肩書きに囚われてしまって
いるかもしれません。

 

 

 

 

専門性の高い仕事や、
お客さんとの距離感が近い仕事はとくに
人としての素養を問われます。

 

選ばれた理由の入口は専門性かもしれない。

でも、継続的なお付き合いの理由は、
「人として」のところが強くなります。

 

 

 

肩書きに囚われすぎてしまい、
「自分らしさ」を失っていないか。

この様に書くと当たり前の事ですが、
いざ自分の事となると冷静に見えなくなります。

 

 

自分の立ち位置は定期的に確認したいですね。

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です