売上の2大変化

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

株式会社轍(わだち)コンサルティングの
林田です。

 

 

昨日は事務所にてZOOMを活用し、
たくさんの方のご相談をお受けしてました。

1日で11名の方のご相談を
お受けするのは初めてでした。

 

正直疲れましたが、
それ以上にパワーをもらう事が出来ましたし、
成果報告をお聞きするのが何よりの楽しみです。

 

 

やっぱり、
コンサルティングと言う影武者的な仕事は
僕は好きだなぁ~と改めて思った昨日でした。

 

 


 

【売上の2大変化】

 

「2000年にフォーチュン誌の
トップ500に入っていた企業の
半分が既に存在していない」

とある本を読んでいて、
この様に書かれていました。

ビックリですよね。

 

1975年にはフォーチュン誌の
トップ500企業の平均寿命は
75年でした。

でも今では15年。

なぜこんな事になったのでしょうか。

 

 

amazonもそうだし、
adobeもそうですが、

最近は継続課金サービスで
代金を回収するサービスが増えてます。

 

と同時に、

「商品だけを打っていた会社が、
 サービスで売上を上げている」

と言う事が言えます。

 

コレが2大変化ですね。

 

 

 

ギター(僕は詳しくありません)の
フェンダーと言うメーカー。

オンラインで学習システムがあって
買っただけじゃなく、その後学べる、
こう言ったシステムもあります。

 

 

今までと変わらない状態で
ビジネスを続けていた会社が
潰れていってます。

 

ホントに、私たち自身が
変化を続けなければなりません。

取り残されるどころか、
生活さえも追いやられかねません。

 

 

今まで使われる事が無かった
「インタラクティブ(双方向)」
と言う単語だったり、

周りの見えそうで見えない変化に
いかに気付くかは大切ですし、
僕も焦りを感じちゃいます。

 

 

私たち売り手が変わらなくても
私たちの取り巻く環境が変われば、

お客さんの行動や信念が変わりますし
お金の使い方も変わります。

 

 

ビジネスの軸は変わらなくても
提供方法を変えるだけでもニーズの
新たな発見がありそうだな、

と読書から思った事をシェアしました。

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

僕は今日からセミナー3連日です。

ltv-design.com/lp/om

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です