カンタンなコンサル方法

 

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

株式会社轍(わだち)コンサルティングの
林田です。

 

 

昨日は久しぶりにゆっくりと
落ち着いて仕事が出来ました。

 

さらに、
週に1回位しか行けてなかった
スポーツジムで3時間過ごせました。

 

今日は終日京都に、
明日から5日間東京にいます。

 

年末は旅行に行くつもりで、
それまで頑張ります!

 

 


 

 

【カンタンなコンサル方法】

 

昨日、終日事務所にいましたが、

・少しインプット
・自分と向き合う時間

を確保していました。

 

その中でも特に行った事が、
2019年度の活動プラン整理です。

 

 

「お、このタイミングからこの様に
 行動しておけば、ココまで行ける」

と改めて見えてくる事が多々ありました。

 

そして、
更に意欲が増しちゃいました。

ひとりホワイトボードの前で
ニヤニヤしていました。
多分、気持ち悪かったと思います。

 

 

でもこれって、
人が意欲的になる分かりやすい
モデルだと思います。

 

要は、

「共に明るい未来を明確に描いていく」

事です。

 

 

コンサルタントvsクライアントさん、
経営者さんvs従業員、
接客担当者vsお客さん、

全部一緒ですよね。

 

 

「数カ月後にこの様になりますよ!」

「1年後にココまで行ったら
 どんな気分ですか?」

 

私たちは、
出来ない事よりも出来る事に
フォーカスしようと一般的言われます。

言い換えると、
未来に関しても、暗い未来じゃなく、
理想の未来を一緒に考える事が
よりその人の意欲が増します。

 

 

誰かしらに間接的に接する事で
成果を作る立場であれば、
共に楽しい未来を明確に言語化する。

意外とやっていないかもしれません。

 

 

自分の事を100%信じ切れる人、
自分の強みを完全理解している人は
この世にはほぼいません。

未来も不透明に考えている方もいます。

 

 

 

他人を信じ切れるかどうかで
他人の成果が大きく変化します。

 

明るい未来を明確にイメージし、
そこからの逆算であれば行動も
きっと楽しいと思います。

 

 

もっと意欲的に取り組んで
もらいたい方がいるなら、

「共に明るい未来を明確に描いていく」

をぜひ試してみて下さいね。

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です