言わない事が正解!?

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

株式会社轍コンサルティングの
林田です。

 

 

今日から東京なので、
この時間は既に飛行機に乗っています。

 

そして、
4日、5日は成田で学びの機会です。

 

 

宿泊は高級ホテルを用意してくれていて
トレーニングルームがある事も確認の上、
もちろん、着替えも持って行ってます。

 

 

頭も体も、
ムキムキになって帰ってきます笑

 

 


 

 

【言わない事が正解!?】

 

 

サラリーマン思考と、
商売の思考の違いの話です。

 

 

僕がサラリーマンでマネジメントを
している時、

同じ立場で仕事している別部署の
マネジャーがいました。

 

 

 

その彼は、
こんな事を言ってました。

 

「言いたい事があったとしても
 僕は一歩踏みとどまるんです」

「そうすると、結果としては
 言わなかった事で波風立たずに
 いい感じに収まります」

「結果、言わなくて良かったなと
 いつも思うんですよ」

 

※上司に対して、です。

 

 

 

自分の意見を言わないなら、
現状とはそんなに状況は変化しないので

「言わなかった=変化が無かった」

と言う事で、
結果OKと考えるという思考です。

 

誰しも、変化は嫌いますからね。

 

 

 

もちろん内容にもよりますが、
発言しない事によって何か新しい
変化が生まれる事はありません。

 

 

この「発言のガマン」は、
行く末、自分に返ってくる事が
多いモノです。

そして、

「勝手な被害者意識」

を自分で勝手に感じてしまい、

相手の方は自分のガマンに対して
気付く事もありません。

 

 

 

 

部下であっても、
ビジネスパートナーであっても、

まずは自分の想いを伝える事は
とても大切だと思います。

 

大切な相手であれば、なお更です。

 

 

ましてや、
陰口なんかは何の生産性もありません。

 

 

 

これは商売全体においても
同じ事が言えると思います。

 

 

相手は自分の事を全て理解する事は
あり得ません。

 

 

 

 

仕事にストレスを感じる方も
たくさんおられます。

 

でも、このストレスの原因の大抵は
この様な自らのガマンによるモノでは
ないでしょうか。

 

 

お取引先さん、パートナーさんと
より長期的に良いお付き合いを
継続していきたいなら、

相手の方にキチンとリクエストを
する方がお互いの為だと思います。

 

 

 

受け入れられない事も
あるでしょうけど、まずは伝える事。

 

意外と伝えきれていない事は
多いかもしれません。

 

 

良好な取引の為には必要な
要素だと思います。

 

 

良いお付き合いが出来れば、
お互いに相手をより思い合った
お取引にもつながります。

 

 

 

 

ビジネスは、
常に白か黒ではなく、
(白=自分、黒=相手)

薄いグレー、濃いグレーの間に
収まると思います。

 

 

お付き合いしたい相手なら、
落としどころはきっと
見つかると思います。

 

 

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です