苦しくなるメルマガの書き方

 

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースで年収1000万を突破する
専門家

———————————————————————–

株式会社轍コンサルティングの
林田です。

 

 

9月スタートですね。

 

 

新しい月が始まったとき、

僕はこの1カ月内で達成したい事を
日記に纏めて書く様にしています。

 

 

そしてそれを1ヵ月書き続けると、

だらしない自分でさえも
その決めた事が実現出来る様に
なります。

 

 

意志のチカラじゃなく、
習慣のチカラにしてしまえば、

自分の弱みはカバーできるんだと
日々感じています。

 

 


 

 

【苦しくなるメルマガの書き方】

 

 

「なぜなんだ・・・」

日々自問自答をしていました。

 

 

 

最近、
新しいクライアントさんとの
お付き合いが増えてきています。

素晴らしい方との出会いばかりですし
とても嬉しく思っています。

 

 

と同時に、
アンケートを色んな方に
取らせてもらっています。

 

 

その中でよくお伺いするのが、

「情報発信したい」
「コントロール感を持ちたい」

と言うお悩みです。

 

 

 

もう少し深いお悩みで言うと、

「情報を発信しているのに
 理想的なお客さんからの
 反応が無い」

と言う内容だったりします。

 

 

 

 

僕がメルマガを書き始めて
4年位になるんでしょうかね。

 

もちろん、最初から反応が
あった訳ではありません。

 

 

 

反応が出始めてすぐは
もちろん、とても嬉しかったです。

 

ただ、、、

数か月後には違和感を感じました。

 

 

 

「いい事書かなくちゃ」
「権威性を示さなくちゃ」
「なるほど!と思わせないと」

この当時は、上記の様な感じで
書いていました。

 

分かりやすく言うと、

「等身大じゃない自分」
「自分じゃない自分」

でメッセージを発信していました。

 

 

 

こうなると、、、

本来の自分とは違う自分が
評価されている感じになります。

 

そして、理想じゃない様な方からの
反応を得る事になっちゃいます。

 

 

 

 

情報発信って、

もちろんビジネスにおいては
とても大切です。

 

ですが、

装った発信、
背伸びし過ぎた発信をすると
逆効果にもなり得ます。

 

 

 

僕がまず大切だなと思うのが、

自分の核の部分を据え置く事だと
思っています。

 

 

自分の価値感とは違う事、
自分が大切にしている事とは
全く違う事を「ムリして」発信すると

理想の方との出会いはなかなか
得られません。

 

 

 

 

もし、情報発信したいのに
まだ十分に出来ていない状態なら、

自分が発信したい事をする。

これから始めるのでも
十分良いのではないでしょうか。

 

 

 

書き方テクニックなんか考えても
満点合格はあり得ません。

日進月歩ですからね。

 

 

 

 

人が動くのは、
感情が動いた時です。

感情が動く時と言うのは
表面じゃなく、本質部分なのでは
ないでしょうか。

 

 

テクニック論と言うのは
入口に過ぎないのではと僕は
思います。

 

 

 

あなたの考えている事、
大切にしている事なんかを
発信する所からでもいいので、

ぜひはじめてくださいね。

 

 

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

※無料動画セミナーはコチラ
http://ltv-design.com/seminar

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です