70歳成功社長の姿勢

 

 

顧客価値向上パートナーズの
林田です。

 

 

 

相変わらずなのですが、
フェイスブックの友達申請が
毎日50人以上の方から来ます。

 

どこかで何かしらの
キャンペーンでもやってるのかな!?

 

 

 

いずれにしても、
友達を承認してすぐに

「すぐにコチラを見て下さい」
「あなたには時間がありません!」

と言うメッセージをいきなり
頂いても、、、

 

 

 

関係構築が先ですねぇ。

 

 


 

 

【70歳成功社長の姿勢】

 

 

一昨日の夜、
盛和塾に行ってきました。

京セラ、稲森和夫会長の経営塾です。

 

 

先月に入会し、
今回は2回目の参加です。

 

 

中身は言えないですけど、
カンタンに言うと

商売の本質を学ぶ場です。

 

 

 

本質を学ぶ場の共通点って、

「シンプル」

に尽きる様に思います。

 

カンタンな言葉しか使われてません。

 

 

 

 

そこで、
とある盛和塾に入られている
地元でも有名な会社の社長さんが
言われていた事なのですが、

 

「言葉はシンプルだけど、
言葉の本当の意味を理解するには
数年掛かった」

「すぐにこの塾を辞める人もいるけど
その言葉の意味を表面だけで捉えて
他人事としか解釈していない」

でした。

 

ご年配の素晴らしい社長の発言です。

 

 

 

稲盛和夫会長のHPでも
書かれている言葉ですが、

「売上最大、経費最小」

コレが何度も出てくるのです。

 

めちゃくちゃカンタンな言葉ですし
いわば当たり前の事ですよね。

 

 

でも、
コレを実際に行動に移すには

「この背景にある考え方」

の所まで理解しなければ実践に
変えられません。

 

 

 

京セラの利益率はスゴイんです。

そして、周りにはそれをマネできる
経営者はほんのわずか。

 

 

 

 

成果を出せている人、
成果を出せていない人の違いって、
何だと思いますか。

 

 

少なくとも、
小手先テクニックと言うモノは
ふりかけ程度の効果でしょうし、

テクニックが要素じゃ無いでしょう。

 

 

 

 

僕がこの盛和塾2回目に行き、
改めて思った事なのですが、

「スゴイ経営者さんは、
ビックリする位、素直」

だという事です。

 

 

 

70歳前の大社長でありながら
30代後半の方の話を真剣に聞き、

「それ、ウチでも実践してみます」

と言ったりしているのです。
(絶対、実践するでしょうね)

 

 

社長がリーダーシップを発揮し
どんどんチャレンジしている。

そりゃ、
人も付いて来るでしょうし
成長し続けるのは当然だな、
と思いました。

 

 

 

 

 

成果が出ていても、

自分のステージが上がった、
と言う解釈をする事はなく、

常にアンテナ、吸収力の硬い思考で
日々過ごされているんでしょうね。

 

 

 

 

本質部分って抽象度が高いと
思いますが、

成果を出されている方と言うのは
この本質部分を徹底的に探究し、

「復習、実践を何度もしている」

と言う様に僕は思います。

 

 

 

「分かったつもり」と
「ようやく言ってる意味がわかった」
とでは、

成果は大きく違う様に思います。

 

 

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい一日を
お過ごし下さいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です