人が動く時、動かない時

 

 

顧客価値向上パートナーズの
林田です。

 

 

 

昨日の朝、東京に向かい、
今朝の飛行機で大阪に戻ります。

 

 

東京への行き方と帰り方、
メッチャ考えました。

 

 

元々、神戸空港発の飛行機で
羽田まで行く予定でしたが、

肝心な神戸空港までのルートを
どうするか。

 

 

 

余震も言われているし、
万が一神戸空港に車で行った場合に
その様な事があったら・・・

 

と考え、
地元和歌山から高速バスで関空に行き、
関空から神戸までさらに高速バスに乗り
神戸空港に着きました。

 

 

念には念を、作戦です。

 

 

例え意味が無かったとしても、
何が起こったとしても、
身軽に自宅に帰れますので。

 

 


 

 

【人が動く時、動かない時】

 

※今日は、長めです。。。

お付合いくださいませ。

 

 

 

一昨日、
横浜から大阪に向かう新幹線の途中で
地震の為に名古屋で停車しちゃたので
名古屋でとある方にお会いしました。

 

お茶を飲んでユックリとお話を、、、
のつもりが、ご相談に乗ることに。

 

僕がとっても辛かったときに
心の支えになって頂いた方の1人なので
全力でご相談に乗ってました。

 

 

 

 

その方、
今はしっかりとビジネスをされてますが
将来の不安から、「2つ目の柱」を
作ろうと考えられていました。

 

 

その2つ目の柱と言うのは、
今やっている仕事とは全く違うモノです。

 

 

「なんでそれをしようと思ったんですか」

とお聞きすると、、、

 

「それは資格を取ってやるものだし、
食いっぱくれが無いかなと」

 

「食いっぱくれが無いと言いますと?」

「子供はこれから大学にも行くし
私は独身の身だから、
いざという時の為に資格を取って…」

 

との事でした。

 

 

「今のご商売で何が問題ですか」

「いや、今は全く問題や不安はないけど
将来考えると、、、」

 

「今のご商売はどんな感じで
進めているんですか」

「いや、何もしなくても固定のお客さんは
結構いるんです」

 

「では、どうして将来の事を?」

「あー、そういう風に言われると、
最近は現状で結構満たされてて
今の仕事を大きくする行動が全く
出来てないし、やってないからかな」

 

 

「今の仕事、今までを振り返ってみて
何が成果に繋がった要因ですか?」

 

「〇〇と、〇〇と、、、
あ、そういう事か!」

 

「どうされました?」

 

「今不安な原因が分かりました!」

「原因?」

「現状は決して悪くないんですけど
~をしていた時は全く不安がなく
仕事に取り組めていました」

 

「どしてですか?」

(敬称略)

 

 

 

と言う事で、この方は
今後の行動に気付きを得られて
現状のビジネスに注力される事に
なり、

「2本目の柱」の仕事への取組みを
保留される事になりました。

 

そして、今の仕事への注力の度合い、
及び方向を見直す事になった様です。

 

 

 

僕が何かを教えたり、
何かアドバイスをした訳じゃありません。

その業界の事もよく分からないですし
そんな立場じゃありませんので。

 

ご本人が自ら気付きを得られました。

 

 

 

 

僕は開業当初はマーケティングを軸に

「教える、アドバイスをする」

と言う事ばかりをやっていましたが、
クライアントさんはあまり行動に
移される事がありませんでした。

 

その結果、

「自分のやっている事に価値あるのか?」

と何度も考える機会があり、
自分がお付合いしたいお客さん像を明確にし
どの様なサポートをしたいかを見つめ直して
今があります。

 

 

 

 

 

話を戻しますと、
どれだけ教えても動いてくれない理由は、

「一方的に教える、伝えるばかり」

だったからです。

 

 

 

誰もが自分で納得した行動を
したい訳ですし、

したくもない、好きでもない、
納得さえもしていない行動なんかを
する事はありません。
(どれだけ教えられても)

 

 

 

目の前にある事実って、
人によって解釈が180度違う事も
よくあります。

 

 

 

もし、

「資格取るより今の仕事に注力する方が
絶対いいですよ」

なんて僕が言ってしまっていたら、

「そうだよねぇ~」

と表面的な回答をもらうものの
何も変化する事は無かったかもしれません。
(そうだよねぇ~、と言っただけになる)

 

 

 

 

とは言うものの、

質問だけで全ての答えを見出す事は
出来ないと僕は思っています。

 

逆に、教えるだけで行動に移せるかと言うと
それも出来ないと思います。

 

 

その様な見極め方について、
昨日の東京での連続講座において
お話をしました。

 

 

「他者に主体性を持って行動してもらい
成果を出して頂く事によって
より良好、かつ長くお付き合いをする」

と言う事が目的です。

 

 

 

人を介して仕事をする立場であれば
この様なスキルも必要かと思います。

 

 

 

あなたと接している人は
あなたが望むような成果を出す為の
行動をしてくれているでしょうか。

 

 

 

人は機械じゃないし、
自分と同じ思考を持ってる訳では
ありません。

 

マイクロマネジメントをする様な
時代でもありません。

 

 

この様な技術を磨く為に
来月からさらに勉強してきます。

 

 

 

あなたの次の課題は何でしょうか。

そして、その課題を克服するための
次の行動は出来ているでしょうか。

 

 

 

一生勉強ですよね。

 

僕もチビチビと頑張ります。

 

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です