Jリーガーと対戦しました

 

 

顧客価値向上パートナーズの
林田です。

 

 

 

昨日、電車でオシッコが漏れそうになり、
駅に降りてすぐのコンビニに駆け付けると
男性用が使用中でなかなか出て来ず…

 

 

 

で、
しばらく我慢をしながら女性用トイレの
マークが付いた扉の少し下を見ると、

「誰でも使用できます」

と書いてるのに気が付きました。

 

 

 

店員さんに

「コッチ使っていいんですか」

と聞いたら、

「はい、誰でも使用できます」

と言われました。

 

 

 

この店員さん独自の解釈なのか
コンビニのトイレの解釈なのか
分かりませんが、

「思い込み」が発動していて、
当たり前の事に疑問を持つ事の大切さを
教えてもらいました。

 

 

 

コンビニトイレ、深いです。。。

お陰様でトイレは間に合いました♪

 

 


 

 

【Jリーガーと対戦しました】

 

 

今日は(も)ゆるいお話です。

 

 

僕はサッカーは上手く無いですが
所属してたチームは強かったので、
色んな有名チームと試合をしました。

 

 

例えば、高校3年の時。
全国制覇した高校とガチ対戦。
(優勝した年のチームです)

 

マジでうまい。
同い年とは思えない。。。

 

 

 

そして大学でも、
Jリーグのほぼ一軍チームとも対戦。

2チーム対戦した事があります。

 

 

テレビで何度も見た事がある
有名選手が出てるんですよ。

 

 

 

僕は当時はディフェンスでした。

有名選手をピッタリマークを
しようとタダならぬ集中力で
気合いマックスでした。

 

 

 

まあ、Jリーグチームとの
試合は、練習試合です。

 

相手は本気と言うよりも
練習試合で新しい試みを行う、
いわばテストの試合です。

 

 

とは言うものの、
肌感覚で相手のレベル感は分かります。

 

 

 

 

Jリーグの人たちと対戦しての
正直な対戦の感想ですが、、、

「何と言う違いはない」

と言う印象でした。

 

 

チョット言い換えますと、
特別感は特に無かったのです。

 

 

でも、もちろん対戦しても
負けるんです。

 

 

 

じゃあその敗因はと言うと、、、

「チョットの差の積み重ね」

でした。

 

 

 

スゴイ人は特別な才能があって
すごくなってるんだ、と言う風に
考えてしまう事もあるかもしれません。

 

実際、スゴイ方のそばにいると
特別な才能を持っている様には
私は思わなくなりました。

 

 

 

サッカーでもビジネスでも、

「チョットの差の積み重ね」

が勝敗を分けるんだと思います。

 

 

 

サッカーに話を戻すと、
超絶に集中している状態で
試合に臨んでも、

「0.1秒遅れた!」

と言うほんの少しの判断の差で
マークを外され、ゴールされました。

 

 

本当に一瞬の出来事でした。

 

 

 

・ちょっとだけマーク外された
・ちょっとトラップの場所が良い

と、
(サッカー分からない方すいません)

本当に普通のプレーを普通以上に
やっているだけでした。

 

 

 

たくさん行動して、
たくさんの検証改善を繰り返し、

その行動、検証改善の数と
探求心の強さの違いが結果の違いだなと
サッカーをしていた時から感じてた事を
この様に書いていて思い出しました。

 

 

 

 

自分には特別なスキル、才能が無い、

と言う事は無いと思います。

 

 

ロナウド、メッシにはなれなくても
ハンパない大迫選手位のところには
ビジネスでは誰でも目指す事ができると
思います。

 

ん、チョット言い過ぎですかね。。。

 

 

いや、Jリーグのレギュラーを取る位の
所までは誰でもやれると僕は思います。

 

 

 

 

必ずあなたに価値を感じる人は
いますし、あなたを待っています。

 

 

自分の持っているモノをどれだけ磨くか
どれだけ伝えるか。

コレがプロとアマチュア大学生との
大きな違いだなと感じました。

 

 

 

今日はネタが浮かばずだったので
好きなサッカーの話をしましたが、

まあ、こんな感じで。。。

 

 

 

 

と言う事で、今週最後の平日、
一緒に頑張りましょう!

 

 

 

追伸:
それにしても、
松〇選手は凄かったです。

足早く見えないのに、
「あ」も言えない位のズレで
ゴールされ、

当時の監督にこっぴどく怒られた事を
思い出します涙

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です