結果

 

 

顧客価値向上パートナーズの
林田です。

 

一昨日、月に1回の
コンサルティングを受けてきました。

 

 

とは言っても、

「今日は~を相談したくて…」

と言う具体的相談はしません。

 

 

「今、頭の中はこんな感じになっていて」

と言う、とても抽象度の高い状態で
お話をします。

 

 

これの方が前に進むんですよね。

 

思考整理を定期的に行うことで
自分の行動が加速します。

 

自分の思考が「自分の固定観念」に
なっている事がたいていの場合の
問題になってたりします。

 

 

 

コンサルティングお試しに興味が
ある方は下記をご覧下さいね。

http://ltv-design.com/report

 

 


 

【結果】

 

昨日は某エステチェーンさまの
企業研修を行っていました。

シリーズ化されていたモノなのですが
昨日で終了です。

 

 

 

 

「どうやって売ってるんですか?」
「何やったら売れるんですか?」

よくある質問かと思います。

 

 

売れている人を見ると、

特別なスキル、能力なんかを
持っている様に見えるモノです。

 

 

でもたいていの場合は、
その表面的な「やり方」ではなくて

「考え方」が大きく違っていたりします。

 

 

 

例えば、

・お金をもらうのは悪い行為だ

と思っている人と、

・お金をもらうのは、幸せの共有だ

と思っている人とでは、
全く行動が違います。

 

 

 

 

結果とは、いわば売上ですが、

「目に見えるモノ」です。

 

 

自分より大きな結果を出している
人に聞きたくなるのは、

「どんなやり方してるんですか?」

と言う質問です。

 

 

でもそのやり方を聞いても

ポカーンとなってしまったり、
「当たり前の話やん」と言う風にしか
聞こえなかったりするモノです。

 

 

 

 

とあるクライアントさんですが、
今必死に行動をされています。

僕も一生懸命サポートをしたいと
思っています。

 

 

 

その方が言われていたのは

「必死⇒楽しい事だと分かった」
「新しい自分が見えてきた」

と言う言葉です。

 

 

 

必死=しんどい

と思っているのと、

必死=自分の器を大きくする行動

と思っているのとでも、

行動の継続性が違います。

 

 

 

結果には必ず行動が伴います。

 

その行動には、
必ず「思考」が伴っています。

 

 

 

大抵の場合の問題は、

思考に隠されていると僕は思ってます。

 

 

 

表面的なノウハウで成果が思う様に
出ないという時は、

自分自身の思考を疑ってみるのも
良い機会になるのではと思います。

 

 

 

僕自身もサラリーマン時代は、

本=メッチャ辛い読み物

でしたが、

本=人生の刺激・学びを得られる

と思考が切り替わってから
楽しく読める様になりました。

 

 

同じ行動でも、

「楽しい」「辛い」と言う解釈違いで
行動出来る、出来ないの開きが
大きく出ます。

 

 

 

自分の思考、
今一度整理する機会を持ってみるのも
大きな気付きになるかと思います。

 

 

 

見えるのは「結果」、

見えないけど自分の舵取りを
してるのは
「思考」だと思います。

 

 

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です