リーダーのあり方とは?

 

 

顧客価値向上パートナーズの
林田です。

 

 

月曜日は仲間と夜に食事、
火曜日は東京で連続講座の懇親会、

そして昨日の夜関西に戻り、
今日は大阪の連続講座第2回です。

 

 

多くの成果が出始めております。

 

数値化された成果もあれば、

まだ数値には至っていないモノの
グツグツ沸き始めている様な事も
あります。

 

 

 

そして僕は再び焦りだしてます。

自分がもっと先陣を切った行動と
チャレンジをしなければ、
と言う感じです。

 

 

多くの方と接する事は大切ですね。

 

 


 

 

【リーダーのあり方とは?】

 

 

今、集中できずにいます。

 

 

コレを書いている今、
とある場所にいるのですが、

僕の後ろの方の会話があまりにも大きくて
全く自分の仕事に集中する事が出来ません。

 

 

後ろでは、男性と女性の会話です。
(聞き耳を立てている訳じゃ無いですよ)

 

 

女性
「先生、と言う事は、~をしなくちゃいけいと
 いう事ですか?」

男性
「なんでそんな解釈になるんですか?
 私はひと言、ひっと言もそんな事は
 言ってないですよね?」

 

女性
「いやでも、そういう風に聞こえるし…」

男性(食い気味で)
「あなたのその解釈の仕方が問題なんです」
「その様な解釈をするから思う様な成果が
 出ないんですよ」

 

女性
「そういう事を言ってるんじゃなくて、
 私が言いたいのは・・・」

男性(再び食い気味)
「だから、お互い冷静になって
 話し合いましょうよ!」

 

 

 

会話から想像するに、

男性⇒何かしらのコンサルタント
女性⇒クライアントさん

かと。。。

 

 

まあ、「冷静な話し合い」が
行われたかどうかと言いますと、、、

お察しの通りです。

 

 

 

経営者であっても、上司であっても
コンサルタントであっても、

「偉そう」「マウンティング」な振る舞いが
仕事では無いのは承知の通りかと思います。

 

 

でも、僕はこの会話を聞いていると
自分の振る舞いってどうなのかなぁ~?と
考えさせられます。

 

 

 

今いる場所は、
本来はとても静かな場所であり、
仕事に集中する場所です。

 

今日は臨時でガヤガヤです。

 

 

 

そしてこの後、
コチラの施設のスタッフさんが、

「少しうるさくてごめんなさい」

と声を掛けてきてくれました。

ありがたいですね。

 

 

 

 

上記の今日の話は、
マネジメントにおいても
マーケティングにおいても共通した事が
あるのではと思います。

 

 

まずは相手を知る事、理解する事であり、

コチラの意向を強引に進めようとすると
根本解決に至る事はありません。

 

 

自分の着地に強引に持っていきたいなら
自分ですればいいと思います。

 

 

このお2人が良い関係を今後も
築いていけるかどうかは、
あなたの想像通りだと思います。

 

 

 

・自分の得意技に強引に持っていく
・自分が進めたい方向に無理やり寄せる
・相手が悪いと決めつける
・相手が間違っていると決めつける
・自分が100%正しいと思い込んでいる
・表面的にしか聞こうとしていない

 

自分は果たしてどうなのかなぁ、
大丈夫だろうか?と考えさせる良い機会を
頂けた事には感謝しなくちゃいけません。

 

 

 

と言う、些細な後ろの会話でした。

 

 

 

「学べない人はこの世には1人もいない」

改めて学びの機会になりました。

 

 

リーダーはあり方を問われますね。

 

 

 

という事で、今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です