ビジネス書より大切なモノ

 

 

顧客価値向上パートナーズの
林田です。

 

 

何故か理由は分からないのですが、

先週、2人の方に、

「林田さんのメルマガはゆる~くて
 読みやすいので楽しいです」

と言って頂けました。

 

直接この様な事を聞くと、
本当に嬉しいですね。

ありがとうございます。

 

 

 

自分に価値があるかどうかなんて、
多くの方に知ってもらう事以外には
知る方法が無いですね。

 

 

そして、
引き続きゆる~く発信していきます。

 

 


 

 

【ビジネス書より大切なモノ】

 

 

「重要な仕事は午前中にしなさい」

 

よく言われる事ですね。

 

朝起きてから2時間くらいは
とても集中力があるので、

エネルギーの高いウチに大切な
仕事をしましょう、って話です。

 

僕もそうしています。

 

 

 

他にも、

「相手は自分の想い通りには動かない。
 そんな出来ない事を想定して戦略を
 立てるより、『負けない自分』を作る事を
 考えなさい。
 自分でコントロール出来る事は、
 自分の行動でしかないのです」

とかも言われています。

 

 

 

実はこの様なお話と言うのは、

世界3大聖人のひとりである孫子が
言っている事です。
(キリスト、お釈迦さん、孫子)

 

2000年以上前にもこの様な事を
言ってるんですから、
本当に大切な事なんでしょうね。

 

 

 

例えば、上記に紹介した

「重要な仕事は午前中にしなさい」

と言う事は、

『朝気は鋭く、昼気は怠り、暮気は帰る』

と言う言葉で表現されています。

 

 

ほかにも、

「相手は自分の想い通りには動かない。
 そんな出来ない事を想定して戦略を
 立てるより、『負けない自分』を作る事を
 考えなさい。
 自分でコントロール出来る事は、
 自分の行動でしかないのです」

と言う事は、

『勝は知る可くして、為すからず』

と表現されています。

 

 

 

時代の変遷と共に、
新しい集客の手法なんかが常に
出てきます。

 

そして、
手法に囚われてしまう方たちは
その手法の「背景・本質」を見失う事が
あります。

 

結果、

「何をしたらいいんだろう・・・」と

迷走してしまう事もあります。

 

 

まあ、最新手法は長続きしませんからね。

 

 

 

でも、偉人の本なんかを読んでいると、
本当に大切なモノが何なのか?を
教えてくれます。

 

 

 

 

もし、

「あとは動くだけなんだよね」

と考えながら、
十分に行動が出来ていないのなら、

 

自分を律する意味でもこの様な
歴史の本に立ち戻るのもアリかと
思います。

 

 

 

 

ビジネスって、

お釈迦さんや孫子が言っている事が
根源だ、と僕は教えられました。

 

 

確かにそうですよね。

表現方法が違うだけです。

 

 

 

自分自身の本質を磨きたいなら、
歴史を学び直す事もアリでは
ないでしょうか。

 

 

以前読んだ、「まんが古事記」も
色々とマーケティングにおいての
気付きがありましたよ。

 

 

 

と言う、
今日もゆるいお話でした。

 

 

 

ビジネス書も良いですが、
読みすぎると近視眼がより近視眼に
なるかもしれません。

 

チョット離れた分野からの学びも
ぜひやってみて下さいね。

 

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です