やるって言いましたよね!?

 

 

顧客価値向上パートナーズの
林田です。

 

 

昨日は久しぶりに
10時間ほど寝ました。

 

移動などによる疲れ、及び
年齢によるモノだと思います。

 

 

 

4月からは体を動かす為に
スポーツジムに入ります。

 

だから何やねん?な話なので、、、
そろそろ本題へw

 

 


 

 

【やるって言いましたよね!?】

 

 

3年ほど前。

従業員さんを20名くらい雇用されてる
経営者さんからお聞きした話です。

 

 

とある独立系コンサルタント、

ではなく、

サラリーマンコンサルタントの方が
話されていた事です。

 

 

この社長の所に、
上記の雇われコンサルタントの方が
来た時の会話です。

 

 

 

コンサル
「コンサルタントに入っても
成果が出ない会社もあるんです」

 

社長
「へぇ~。それは、どうして?」

 

コンサル
「コッチは教えるべき事を伝えて、
出来る準備は万端なんです」

「でも、成果を出ない会社さんは
言った通りにやってくれないんです」

 

 

 

と言う会話だったそうです。

 

 

そして、この社長の意見としては、

「それ、その会社が悪いの?」

と言う意見でした。

 

 

 

 

もう3年ほど前の話ですが、
考えがまだ浅はかだった僕は、

「そりゃ、行動に移さない会社が
悪いに決まっているよ」

と思いながら、

この社長には、

「そうですよね、
悪いのは会社ではなく、
コンサルタントの方ですよね」

と、うわべだけを合わせる会話を
していました。

 

 

 

まあ、心が入っていなかった
会話だったでしょうし、

人を雇用している社長であれば
その浅はかな回答は必ず見抜いてます。

 

 

 

 

 

経営者であっても、
コンサルタントであっても、

人を介して成果を出してもらう
と言う立ち位置には変わりありません。

 

 

 

でも、

経営者さんは責任を持っており、
自分の従業員には何としてでも
動いてもらう様に対応されてます。

従業員さんですからね。

 

 

 

 

そして、コンサルタント。

無責任とも言えます。

 

 

クライアントさんが動かない事で
コンサルタントの側に起こる
問題としては、

・取引が一定期間で終わる
・成果出なければ取引辞めるだけ
・「動かない方が悪い」と考える

 

経営者さんからすると、
コンサルタントの上記の様な思考や
対応は、

取引以前の問題である、
人としての問題なのではと僕は思います。

 

 

 

上記の様な考えであれば、
従業員を雇用している経営者さんとは
温度差が埋まる事もなく、

取引が始まる事も無いし、
取引が継続する事もありません。

 

 

 

 

相手の方が動かないのは、
誰のせいなのでしょうか。

 

 

 

 

①自分の人生を生きている人
②人に生かされている人

 

 

①の人は、

「全ては自分次第である」

と考えています。

 

 

 

②の人は、

「~だから出来ない」
「~だから仕方がない」
「~は今すべきじゃない」

と言う、

いい訳のプロフェッショナルとなり、

何も生み出しません。

 

 

 

それどころか、

日々ストレスを抱えちゃいます。

 

 

 

 

クライアントさんが動かない。

 

コレを

・自分の責任だ
・相手の責任だ

どっちに捉えるか次第によって
自分の行動、思考の範ちゅうと言うのは
大きく変わります。

 

 

 

そして、

経営者さんからの見られ方が
大きく変わるのではないでしょうか。

 

 

 

 

今自分に必要なモノ。

それは、

ノウハウではなく、
ボトルネックの解消だと僕は思いますが

あなたはどう考えるでしょうか。

 

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいね。

 

 

 

追伸:
日程を追加しました。

・1カ月で120万の売上
・2カ月で400万の売上
・5カ月で200万強の売上

間もなく締め切りが来るのでお早めに。
http://kokyakusouzou.com/lp/sales-breakthrough/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です