コンサルに必要なスキル

 

 

顧客価値向上パートナーズの
林田です。

 

 

いつもメルマガのオープニングで
ゆる~い話をしておりますが、

メルマガの感想をもらう時は
ほとんど、オープニングの話に関しての
内容です。

 

 

本文も感想下さいね笑

 

 

 


 

 

【コンサルタントに必要なスキル】

 

 

 

 

「名選手、名監督にあらず」

と言う言葉は誰もが知ってますよね。

 

 

 

 

カンタンな言葉に置き換えると、

・出来る人が教えるプロと言う訳じゃない

・感覚で学んだモノは言語化出来ない
(結構、ココがネックになります)

・スキルの押し売りは成果が出ない

・「技術」と「感覚」は違う

と言う事だと思います。

 

 

 

特に最後の

「技術」と「感覚」の違いが、

部下、またはクライアントさんに
成果を出せるかどうかの違いだと
僕は思っています。

 

 

 

 

元々、何らかの能力が備わってる人は
感覚と言うモノが優れていて、

自然に仕事で形を作る事が出来ます。

 

 

 

でも、それを言葉にして分かりやすく
伝える事が出来なければ、

対象の方はチンプンカンプンです。

 

 

 

 

 

 

現在、50のスキルを持っていて

「もっとクライアントさん、部下に
成果を出せる様になって欲しい」

と思った時、
どの様なアクションを取るでしょうか。

 

 

 

 

もし、この時に

「50のスキルを100にしなくちゃ」

と考えても、

根本解決と言う訳には行きません。

 

 

 

大切なチカラと言うのは

「気付いてもらうチカラ」

だと僕は思っています。

 

 

 

 

 

では、この気付きを与える能力。

どうやったら身に付くでしょうか。

 

 

 

 

 

コレも正解があるという訳では
無いかと思いますが、

「言語化」だと僕は思っています。

 

 

 

 

まず、自分がやって来た事を
他の方にもストーリーとして
伝える事が出来る様になるために

自分の成功事例を言語化する習慣を
付けておく事が大切だと思います。

 

 

 

「メチャクチャ動いたら結果が出るよ」

みたいな言われ方をしても
ピンと来ませんからね。

 

 

 

 

 

さらに、
相手に確信を持って行動に移してもらう
為には

ボキャブラリーも必要でしょう。

 

 

 

僕は読書の数がまだ十分とは
言い切れませんが、

読書からボキャブラリーを
増やす事が出来ます。

 

 

 

事例があれば事例の言語化、
事例が無ければボキャブラリーの
チカラで伝えられます。

 

 

 

 

 

自分の能力を高める事も大切ですが、

それよりも相手に気付きを与える
スキルの方が成果に繋がると
僕は思っています。

 

 

 

 

 

1方向から伝えるよりも
3方向から伝える事が出来る方が
気付きが立体的になります。

 

 

 

 

 

今日の話はもちろん、
傾聴能力がある事が大前提です。

 

 

 

相手がその言葉を使って
何をあなたに伝えようとしてるのか?

このスキルも問われます。

 

 

 

 

コンサルタントの様な仕事では
双方向のコミュニケーションスキルの
能力がクライアントさんの成果に
反映されます。

 

 

 

コンサルティングスキルだけじゃなく
マネジメントスキルも問われますね。

 

 

 

僕ももっと本を読まなくちゃいけません。

 

 

 

 

もっとクライアントさんに成果を
出したいと思うなら、

ぜひ言語化スキル、傾聴能力を
高める事もトライして下さいね。

 

 

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

※期間限定特典はあと少しです。
http://kokyakusouzou.com/lp/sales-breakthrough/

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です