現状維持装置

 

絶好調、中畑清!ならぬ、

顧客価値向上パートナーズの
林田です。

 

 

先日、大阪でセミナーをし、
ご参加頂いた方から具体的な
お悩み事をお聞かせ頂きました。

 

「あー、なるほど!」

と、

自分がぼんやり解釈していた事、
自分が決めつけてしまってた事、

改めての発見がありました。

 

 

イメージがより明確になり、
今後に活かせそうです。

 

 

直接伺う事は最強ですね。

決めつけ装置が作動していた事に
気が付きました。

 

という事で、
今日は装置のお話にしようと思います。

 

 


 

 

【現状維持装置】

 

フェイスブックで徘徊していたら
「現状維持装置」と言う言葉が
出ていました。

 

ネットで調べたら、メッチャ出ますね。

有名な言葉の様ですが、
僕は恥ずかしながら知りませんでした。

 

 

 

マズローの欲求5段階ってありますが、

人は本能的に、変化を嫌うモノです。

 

 

 

■ 変化がストレスになるのはなぜ?
それは脳が「いつも同じ」を望むから

 

 

理論的には、
変化はシンプルなものであるはずです。

道を歩いていて、
例えば工事現場に行き当たったら
進路を変えなければいけません。

 

あたりを見まわして回り道を探し、
その道を通って目的地へ行くはずです。

 

 

本来、この状況だけならストレスは
生まれないはずですが、

脳が持ついくつもの奇妙な癖のせいで、
私たちはちょっと違った受け止め方を
してしまいます。

 

 

 

以前にも通ったことがある元々の道は、
まちがいなく目的地へ辿り着けます。

 

ところが、障害物に行き当たると
それまで信じていた情報が突然、
使いものにならなくなってしまいます。

 

 

「別の道はどこへ続いている?」
「どれくらい時間がかかる?」
「危険ではない?」

 

人はわからないことを恐れるものです。

 

そして変化というものは、
わからないことをたくさん生み出します。

 

そのため、人はしばしば無意識のうちに、
なんとかして変化を避けようと試み、
必要以上に人生を難しいものに
してしまうのです。

 

 

 

幼いころから習慣にしてきたものほど、
変えるのは難しいというわけです。

「老いた犬に新しい芸は仕込めない」
ということわざには、
ちゃんと根拠があるのです。

 

 

 

また、

【変化を避ける為に似た者を探す】

という傾向がある様です。

 

 

何かが出来なかった時、
決めた事が出来ない時は、

出来なかった人と共感を得る様な
行動をしてしまいます。

 

 

 

 

と、、、

全部、とあるサイトから
まるパクリさせて頂きました笑

 

 

参照サイト:
https://www.lifehacker.jp/2013/02/130220afraid_of_change.html

素敵なサイトですね。
(パクリを怒られません様に)

 

 

 

 

変化を嫌うのは人間の本質です。

 

「新しい習慣を付けるぞ!」

と心がけても、

 

「今まで生きて来れた保障のある過去」

と同じ様な生き方に引っ張られます。

 

 

続きをお読みになりたいなら
上記URLを見て下さいね。

 

 

 

大切なのは、

「自分が変化出来る環境作り」

かと思います。

 

 

 

どんな条件が揃えば、

・変化
・継続

が出来そうでしょうか。

 

 

何においても、
まずは自分自身に気付く事が
大切だと僕は思っています。

 

 

 

というお話と、、、

メルマガやりたいけど出来ない…

という方がいるなら、
他人のメルマガの感想だけでも
それなりのメルマガになりますね、
という話でした。

 

 

では、そういう事で。

 

 

新しい小さな一歩、
または、継続したいのに
やめてしまった事、

今日からぜひ再開して下さいね!

 

————————————————————————————————

【特別レポート】 

成果が出ない時の7つの共通点とは?≫ 

http://ltv-design.com/report 

———————————————————————————————- 

顧客価値向上パートナーズ 
林田康裕 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です