コレ、逆ですよ!

 

顧客価値向上パートナーズの
林田です。

 

今日は、

「思考の順番」についてのお話です。

 

 

価格を上げたい時とかに
よくこう言った相談をされます。

 

「価格を上げるには、
 もっと顧客満足度を上げないと」

この様な考えになる事は
結構多いみたいですね。

 

 

でも、冷静に考えると、

あなたの競合の方で
単価が高い方、

あなたよりも素晴らしい
サービスを提供していると
言えるでしょうか。

 

 

僕は決してそうでは無いと
思います。

 

 

一般的には、

単価の低いサービス提供を
している所には、

それ相応のお客さんが集まります。

 

単価の高いサービス提供を
している所には、

比較的、良いお客さんが集まります。

 

 

 

満足度を上げる、
自社のサービスを強化する。

コレをしなければ、
単価は上げられないのでしょうか。

 

 

何が正解、と言う事は
無いかと思いますが、

僕のクライアントさんの例を
お話します。

 

 

 

1人でビジネスをしています。

 

色々なサービスを
提供しているのですが、

サービス内容によっては
時間当たり単価が低すぎる、
と言う状況でした。

 

 

色んなお話を聞かせて頂き、

「自分自身が納得していない」

と言う所がボトルネックだと
理解されました。

 

 

どういう事かと言うと、

自分自身が納得してない、
いわば自分が満たされていないから、
そのサービスを提供してる時も
自分自身が満たされる事が無く、

顧客に誠心誠意接する気持ちが
そのサービスの時は低くなる、

と言う感じだったそうです。

 

 

この状態であれば、
いつまで経っても、
顧客満足度を上げることは
なかなか難しいかもしれません。

 

 

 

満足、納得のいく商売。

まずはあなたの価値、
あなたの心の満足を
上げる事が大切です。

 

 

 

・ジワジワと単価を上げるか、

・今の価格のままでガマンするか、

・または、自分の中身を見直すか。

 

 

どれも正解でも、
不正解でも無いと思います。

 

 

自分がどうありたいのか。

商売にはこのポイントが
最も大切だと僕は考えています。

 

 

 

顧客満足度を上げてから値上げ。

または、
自分自身の不満足なところに
目を向け見直す。

 

 

 

ちなみに、先ほど紹介した
僕のクライアントさん、

値段を上げ、
心が満たされながら、
しかもお客さんとも関係が
続いています。

 

思考をどの様に持つか、
と言う学びを得られて、

こういう行動が出来た様ですね。

 

 

自分も満足しているので
今まで以上にお客さんにも
誠心誠意、向き合えてるそうです。

 

 

こんなお話を聞けて
僕もとても嬉しかったです。

 

 

 

どの様な打ち手を使うか、
よりも、

自分がどうありたいのか。

 

 

僕はコレを大切にしているし、
クライアントさんにも同じ事を
望んでいます。

 

 

 

今回のセミナーでも、
この様なお話もさせてもらいます。

 

「何かシックリ来ない・・・」

と言う小さな違和感をお持ちなら、
ぜひご参加下さいね。

 

心のモヤモヤをスッキリに!!

●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇
1000〜2000万円
手にする最短手法公開!

見込み客獲得⇒高単価契約の
流れをコントロール

『理想のビジネス作り講座』
セミナー&説明会
goo.gl/pBS4Xm
●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

 
それでは今日も
悔いのない、スッキリとした
1日をお過ごし下さいね!!

———————————————————————————–

・既存顧客・既存商品で売上アップ
・顧客獲得の価値
・顧客生涯価値(LTV)を上げる

顧客価値向上パートナーズ
(マーケティングコンサルタント)
林田康裕

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です