アサリ売上ロス事件

 

林田です。

 

最近はフェイスブックに
アホな投稿をしたりとか、

楽しくSNSを活用しています。

 

楽しむ事が最も大切ですね。

 

 

そろそろ、
僕のアホさ加減がバレそうなので
適度な投稿にしておきます。

 

フェイスブックでも
友達申請お待ちしています。

 

「ブログ見てますー」
と入れて頂きますと、
申請させて頂きますので!

 

 


 

 

【アサリから見える盲点】

 

僕はチョイチョイと
スーパーで買い物をし、

ご飯を作ります。

 

 

先日、
アサリを買いに行った時の話。

 

スーパーにありますよね。
こういうコーナー。

 

この様な囲いの中に
2種類のアサリが売られてました。

 

常時、この2種類のアサリを
置いています。

 

 

まず1個目。

写真を撮り忘れたので、

ネットから写真を拝借しました。

 

実際は、価格表記のところが
もう少し小さかったです。

 

 

 

で、もう1個のアサリ。
僕はいつも決まって、
コッチのアサリを買います。

 

なぜいつも、

コッチの2個目の方を買うのか。

一緒にチョット考えてみて下さい。

 

 

 

 

僕はいつも、
ボォ~っとスーパーの中を
徘徊し、

欲しいモノを買います。

 

集中力なんて全く働いてません。

 

 

1個目のアサリの写真と
2個目のアサリの写真、

チョットだけ違います。

 

 

違う所は、価格表記。

 

 

スーパーの鮮魚、魚介類、肉類、

たいていの場合は、
パッケージの右側に
価格のシールを貼っています。

 

 

この2種類のアサリ、
両方とも分かりやすく価格を
表記はしています。

 

ただ、1個目のアサリは、
シールでは無く、
パッケージに印字した価格表記に
なっていたのです。

 

 

でも、僕は恥ずかしながら
1個目のアサリの価格を知ったのは
今回の買い物の時がはじめて。

 

なぜ価格を今回知ったかと言うと、
たまたま近くにいる店員さんに
「これいくらですか?」
と聞いたからです。

 

 

「アサリ=価格シールが付いてる」

と、
僕の頭の中に刷り込まれている訳です。

 

 

1個目のアサリは、
価格が表記されているのに、

「このアサリ、いくらなんだろう?」

と、見るたびに思っていました。

 

価格を書いているのに、ですよ。

 

 

これが、

「見ている」と
「見えている」の違いでしょうね。

 

僕は、見えていただけで、
見ていなかったんです。

 

「価格=シール」と、
過去の経験から
刷り込まれていました。

 

 

 

売り手って、

「価格はちゃんと書いてるし」

と考えてしまいますが、

大切なのは、買い手が理解するかどうか。

 

 

 

こんなに分かりやすく
価格を表記している1個目のアサリ、

僕は値段が分からなかったんです。

もう半年以上ですよ。

 

 

頭の中の常識で、

「見えども見えず」状態に
なっていたのです。

 

 

よくある販促物の間違いですね。

 

 

「今日はアサリを買おう」
「いつものコーナーに行こう」
「あれ、このアサリ、いくら?」
「価格分からんなあ」
「じゃあ、こっちの方を買おう」

って感じです。

 

 


 

この事例、

ココから何を考えられますか。

 

 

これは販促物の作り方を
話しているのではありません。

 

 

「お客さんは知ってるけど
 理解していない」

「お客さんに一度、二度伝えても
 理解してくれていない」

「スタッフに言ったけど、
 スタッフは理解していない」

こんな事も起こっているという事です。

 

 

 

いつも店頭に貼っているPOP。

お客さんは見ているかも
しれません。

 

 

でも、理解しているかどうかは別。

 

勧める為に添えるひと言が
必要かもしれません。

 

 

などなど、

相手がお客さんでもスタッフでも、

 

反応しない=伝わっていない

と言う事ではないでしょうか。

 

 

 

伝える側と、伝えられた側。

「アイツに何度言っても…」

というのも良い事例でしょう。

 

 

 

と言う事を、
スーパーでアサリを買った時に
思いました。

 

 

これも毎日、
ブログを書いている効果です。

僕が頭がいい訳ではありません。

 

常にアンテナを張る事が
出来る様になってきています。

 

 

アサリの酒蒸しを作る為に
買いに行っただけの話ですが、

日常から感じる、考える事、
ヒントを得られる事って
ホントに多いなと思います。

 

 

やはり、
売り手の経験と言うのは貴重ですね。

 

 

という事で、
今日も良い1日をお過ごし下さいね。

 

 

・既存顧客・既存商品で売上アップ
・顧客獲得の価値
・顧客生涯価値(LTV)を上げる

顧客価値向上パートナーズ
(マーケティングコンサルタント)
林田康裕

 

—————————–——————————————————————
★お試しコンサルティング★

初めてコンサルティングを
依頼される方は、

お試し価格の2時間3万円(税別)で
承ります。

お申し込みはコチラから
info@ltv-design.com

————————————————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です