一極集中で売上UP事例

 

林田です。

 

僕は外資系のメーカーに
勤めていたのですが、

ちょっとした成功事例を
思い出す事がありました。

 

 

 

関西空港内のローソンで、

くまモンのぬいぐるみが
大量に陳列されていました。

 

 

1つのくまモンの幅が30cm位。

そのくまモンが、店外から見て
15個位だったでしょうか、
横に一列に陳列されていました。

 

横幅、だいたい4.5メートル。

 

 

 

どうでしょうか。

 

もしあなたが商品を店内で
取り扱っているなら、

この様な大きなスペースを
1つの商品で全て陳列と言う様な
取り組みは出来るでしょうか。

 

 

 

一般的に言われるのは、

スーパー、コンビニ、
ホームセンター等において、
同一商品を2列に並べると、

その商品の売上が120~130%位
アップするとも言われています。

 

 

 

どんな商品、メニューを
取り扱っていても、

多くの種類を陳列したいと
思うモノです。

 

ましてや、このくまモンの様に
同じ商品を横並びで
これだけのスペースに置く事、

勇気が必要ですよね。

 

他の商品が置けませんから。

 

 

 

でも、このローソン、
外国人の女性2人組が
買っていってました。

 

いくらなのか見てませんが、
数千円するはずです。

 

 

コンビニにおいての客単価は
比較的低い事が想像できます。

 

 

そして、大量のスペースを
くまモン一色にし、

1個数千円のぬいぐるみが
売れて行ったのです。

 

 

 

これは陳列の話だけではなく、
マーケティング全体として
言える事です。

 

「一極集中する事」

 

商売をしていると、

あれもしたい、これもしたい
あれも売りたい、これも売りたいと
考えてしまうモノです。

 

 

しかし、あれもこれも、と
お客さんが見てしまったり、
案内されたりしてしまうと、

何を買ってよいのか分かりません。

 

 

 

これは、メルマガでも言えます。

 

 

ネットショップのメルマガでも、

「~~セール」と言った感じで、

1つのメルマガに10個程度の
商品が案内されている事もあります。

 

 

どれ買いますか?

 

どれに興味持ちますか?

 

 

お客さんは、
思考が複雑化してしまうと
買う、と言う行動には至らず
離脱してしまいます。

 

 

ネットでなくても、
店頭でもそうです。

 

接客でもそうです。

 

 

陳列で言っても、
一定のスペースを一色に
染める方が売上が上がると
言われています。

 

 

お客さんに訴求するには、

浅く広く、ではなく、

狭く深くのメッセージ、訴求を
行う事が大切です。

 

 

ちょっとしたローソンの棚でも、

俯瞰(客観視する事)していくと
商売のあらゆるヒントに
なるモノです。

 

 

日常からマーケティングの視点を
持つ訓練をする事、

僕は心掛ける様にしています。

 

 

ちょっとした景色でも
商売のヒントは山の様に
あると思います。

 

 

あなたの近所の
流行っているお店、

何か理由がきっとあるはずです。

 

 

他店を見る事が
客観視できる良い方法ですね。

 

 

・既存顧客・既存商品で売上アップ
・顧客獲得価値
・顧客生涯価値(LTV)を上げる

マーケティングコンサルタント
林田康裕

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【超カンタン!メルマガの作り方無料動画講座】
お金を掛けずに既存顧客の価値を上げる方法は
コチラ
動画終了後はメルマガが届きます)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です