3人のレンガ職人の話

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

わだちコンサルティングの林田です。

 

ご存じの方も多いかもしれませんが
「3人のレンガ職人」の話です。

 

先日、企業さんでの研修で
お話をさせてもらいました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

————————————————————————–

ある旅人が町を歩いていると、
1人の男が道の脇で難しそうな顔を
しながらレンガを積んでいました。

 

旅人は、
その男のそばに立ち止まって
たずねました。

「ここでいったい何を
しているのですか?」

 

すると、男はこう答えました。

「見ればわかるだろう。
レンガ積みをしているのさ。
毎日毎日、雨の日も強い風の日も、
暑い日も寒い日も1日中レンガ積みだ。

なんでオレはこんなことをしなければ
ならないのか、まったくついてない」

 

旅人は、
その男に「大変ですね」と
なぐさめの言葉を残して歩き続けました。

 

 

しばらく行くと、
一生懸命レンガを積んでいる別の男に
出会いました。

しかし、その男は、
先ほどの男ほどつらそうには
見えませんでした。

 

そこで、また旅人はたずねました。

「ここでいったい何を
しているのですか?」

 

すると、男はこう答えました。

「オレはね、
ここで大きな壁を作っているんだよ。
これがオレの仕事でね」

 

旅人は「それは大変ですね」と、
いたわりの言葉をかけました。

 

すると、意外な言葉が返ってきました。

「なんてことはないよ。
この仕事でオレは家族を養ってるんだ。

この仕事があるから家族全員が
食べていけるのだから、
大変だなんて言ったらバチが当たるよ」

 

旅人は、
その男に励ましの言葉を残して
歩き続けました。

 

 

 

さらにもう少し歩くと、
別の男がいきいきと楽しそうに
レンガを積んでいました。

 

旅人は興味深くたずねました。

「ここでいったい何を
しているのですか?」

 

すると、
男は目を輝かせてこう答えました。

「ああ、オレたちのことかい?
オレたちは歴史に残る偉大な大聖堂を
つくっているんだ」

 

旅人は「それは大変ですね」と、
いたわりの言葉をかけました。

 

すると男は、
楽しそうにこう返してきました。

「とんでもない。
ここで多くの人が祝福を受け、
悲しみを払うんだぜ!
素晴らしいだろう!」

 

旅人は、
その男にお礼の言葉を残して、
元気いっぱいに歩き始めました。

————————————————————————–

 

研修でお伝えしたのは、
目的意識を持つ重要性です。

 

研修内では、部下のマネジメントを
中心に話をしていたのですが、

私たち自身におきましても、
「目的」「使命感」「ビジョン」を
持つ事でこんなに変化します。

 

1人目のレンガ職人は、
ただ惰性で働いているだけ。

2人目のレンガ職人は、
生活費をかせぐため。

3人目のレンガ職人は、
自分が世の中に貢献できるという
使命感をもっている。

 

働き方がちがいますよね。

 

目の前の仕事に没頭していると、
やっている事に対する目的意識が
抜けてしまうことがあります。

 

 

「それをやったらどうなるのか」
「なんの為にやっているのか」
「誰にどんな貢献ができるのか」

この問いかけは、
私たち自身、および影響を及ぼす人にも
大切なことだと思います。

 

 

進まない仕事も、
やる目的/意義/使命感等を明確にすると
動き出すかもしれません。

 

 

情報発信なんかもそうです。

求めている人のために、
私たちの存在と価値を伝え続ける事は
商売をしている限り、大切ですね。

 

 

という事で、今日も成長したと言える
1日にしましょう!

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です