「どうやるか」<「なぜやるか」

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

わだちコンサルティングの
林田です。

 

根っからキライだった読書も
かなり好きになりつつあります。

 

調子に乗って

「学問のすすめ(福沢諭吉)」

をはじめて読んでみました。

 

「メッチャ難しいんちゃうか・・・」

という先入観は10年以上も前から
持ってましたが、意外と読みやすい。

 

百聞は一見に如かず、ですね。

 

 

その他の名著もチャレンジしようと
思います。

 

 


 

【「どうやるか」より「なぜやるか」】

 

僕たちの様な起業家もそうですし、
中小企業の経営者さんも同じだと
感じているのですが、

≪先延ばしグセ≫

がまったく無い、という方は
基本的にいないんじゃないかと思います。

 

まあ、先延ばしグセがゼロにできたら
大抵の事は成功するでしょうし。。

 

 

何かしなくちゃいけない事が
進まない時はだれでもあると思います。

 

ただそんな時、

「どうすればコレが出来るだろうか」

という、≪やり方/進め方≫を考えがちです。

 

 

ですが、、、

多くの場合は、そのやり方/進め方以前に、

「なぜコレをしなくちゃいけないのか」
「なぜコレをしたいのか」

という、
≪やる理由≫がネックになっています。

 

要は、やり方/進め方は分かってるけど
何か腑に落ちないというか、
思考も行動も前向きにならない、
そういう感じじゃないかと思います。

 

 

 

学問のすすめの冒頭にも、

それこそ、学問を進める理由が明確に
書かれています。

 

コレを読んだ瞬間、

「やっぱり勉強しなくちゃいけないなぁ」

と腹落ちしました。

 

 

「どのようにやるか」以前に、

・やらないとヤバイ(最上級)
・やらないと近々危険(上級)
・やらないと数カ月後被害が…
・やった方がよい(下級)
・やらなくても人生に変わりない(再下級)

できるだけ高いレベルの

「やる理由」

が腹落ちできているかどうか。

 

コレが私たちの行動を司ってると
思います。

 

 

 

 

やろうと思ってはいるが、やってない事。

 

これって、

「コレをやらなかった場合の未来が
明確に想像できていない」

という事も1つの大きな理由かも
しれません。

 

 

やる理由というのは人によって
違うとは思いますが、

自分を突き動かすのは、

「方法」じゃなく、
「理由」じゃないでしょうか。

 

 

 

先延ばしグセ。

 

好きな事なら先延ばししません。

したくない事は先延ばし対象です。

 

 

したいけどやっていない事があるなら、

「それをやる理由」を具体的に、
かつ時系列で考えてみるのもよいと
思います。

 

 

ということで
今日も素晴らしい一日を
お過ごしくださいませ。

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です