成長を止めない方法

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

わだちコンサルティングの
林田です。

 

 

昨日の朝、
過去に買った本を整理してました。

僕が読み終わった本を
奥さんがメルカリで売ってくれる、
という流れが出来つつあり、
見事に流通しております。

 

 

独立当初に買った本で

「チーズはどこへ消えた?」

が出てきたので、
当時の感覚を思い出しながら
読んでみました。

 

そう言えばこの本を買ったのは
苦手な読書を克服する為だったな…
(まだ得意とは言えませんが)

 

改めてですが、
本当に気付きが多い本です。

きっと読むタイミング次第で
あらゆる所に気付きがあるんだと
思います。

 

 

 

で今回、
僕がこの本で目に留まったのは

「早い時期に小さな変化に気付けば
やがて訪れる大きな変化にうまく
適応できる」

ってフレーズです。

 

僕はココ最近、
クライアントさん以外の方々と
お会いする機会を多く取っています。

 

いわば、仕事仲間。
そう言えば今日の夜もお会いします。

中には、2~3年ぶり位の方と
お会いする事もあります。

 

 

すると、気が付くのです。

「当時と今、この方と話していた事は
何がどう変化しているだろうか?」

と。

 

以前と変わらない会話をする人、
以前と全く違う話になる人、
色んな方がおられます。

どちらが良いという訳じゃないですが。

 

 

ただ、
時間が経った事を強く感じます。

変化への対応に遅れてしまうと、
取り返すのに大変な時間を要します。

 

二択の二択の二択の・・・と
何回も日々の選択に迫られますし、

小さな5回6回の選択を間違うと
知らず知らずのうちに目的地から
遠ざってしまい、

「何の為にやっているか見失う」

って事にもなり兼ねません。

 

 

 

「早い時期に小さな変化に気付けば
やがて訪れる大きな変化にうまく
適応できる」

僕はホントにそうだなぁと思います。

もちろん、まだ全然出来てませんが。

 

 

僕が日々意識をしているのは、

「小さな変化を感じたら、
小さな行動の変化を起こす」

です。

ホントに小さな行動ですけど
意識してます。

 

 

惰性による継続した行動って
気付かずやっちゃいますからね。

自分の戒めの意味でも今日の話を
書きました。

 

 

と言う事で
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です