セルフイメージvs肩書き

 

 

顧客価値向上パートナーズの
林田です。

 

 

昨日は東京日帰りで、
連続講座の第1回を品川にて開催させて
頂きました。

 

 

時間がオーバーしちゃいました汗
(言う事じゃないんですけどね)

急いで明日の大阪の第1回講義の
資料を調整しました。

 

 

 

 

何より、昨日の大発見は、、、

「納豆1パックで糖質摂りすぎ」

と言う大事実です。

 

 
筋肉プロフェッショナルの方が
今回の講座に参加頂いており、

その方からダイエットの指導を
頂きました。

 

ダイエットフードと思っていた納豆。

まさか1パックで食べすぎとは…

 

 

4月からのダイエットモードに
突入する前に教えて頂けたので
より本気度が加速しそうです!

(仕事関係ないしw)

 

 


 

【セルフイメージvs肩書き】

 

自分の肩書きって、
どこまで大切なのでしょうか?

ってな話です。

 

 

 

昨日、講座が始まる前に
とある3人で雑談をしていました。

特にテーマも無く、何となくで色々と。

 

 

 

その中の一部の話なのですが、

「最近、変わった肩書きを付けた人が
 多くなってきている」

って事です。

 

 

・~型~パートナー
・~コンサルタント

色んな肩書きの方がおられます。

 

 

 

セルフイメージと肩書き。

一緒にされがちな事もありますが、
僕は違うモノだと捉えています。

 

 

そして、究極論ですが、

僕は肩書きはさほど重要ではないと
思っています。

 

 

 

重要でない、と言うよりは、

「外向けだけの肩書きなら要らない」

と言う感じです。

 

 

 

セルフイメージはとても大切だと
思います。

 

でも、
セルフイメージと言うモノと
肩書きと言うモノは違います。

 

 

 

肩書きと言う言葉だけが独り歩きし
セルフイメージと言う内面が
整っていないのであれば、

その肩書きは地に足がついてません。

 

 

最も大切なのは、

自分が思っているセルフイメージが
自分がありたい姿と合致してるかどうか
だと思います。

 

コレが最優先であって、
その上で肩書きがあると思います。

 

 

 

と言う事で、

「セルフイメージ>肩書き」

と僕は勝手に思いますが、
あなたはどう思うでしょうか。

 

 

 

チカラがこもっていない表面的な
言葉ほど、

違和感を覚えるモノは無いと思います。

 

 

 

 

セルフイメージはあり方(本質)であって、

肩書きを作るという事は、
ひょっとすれば「手法」に近い感覚に
ある様にも思います。

 

 

もちろん、肩書きとセルフイメージが
合致していればそれが最高です。

 

 

 

肩書きが決まらなくてもいいと思うし、
それよりも先にセルフイメージを整える事が
良い仕事をする事に繋がると思います。

 

 

 

今の仕事のやり方、あり方が
自分が本来したい事なのかどうか。

 

これって一生変化していくでしょうけど
ココに向き合う事が違和感の無い仕事を
やっていく大きなポイントの様に思います。

 

 

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

 

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です