第二領域達成困難理由

顧客価値を向上させ、
既存顧客、既存商品で売上アップ!!

 

林田です。

 

タイトルは、中国語じゃないですよ。

 

 

今日は、

「第二領域の目標達成が困難な理由」

についてお話します。

 

 

第2領域とは、

「7つの習慣」を見れば
よくわかります。

 

 

分からない方の為に
簡単に説明しますね。

 

7つの習慣では、

・重要度
・緊急度

の2本の柱により、

4つの領域があると
言われています。

 

①緊急、かつ重要(第一領域)
②緊急ではないが、重要(第二領域)
③緊急だけど重要ではない(第三領域)
④緊急でも重要でもない(第四領域)

 

 

日々の仕事のほとんどは、

①緊急、かつ重要

に当たります。

 

「今日のお客さんへの対応」とか
「今日の商談」とかです。

 

 

大抵の仕事では、
第一領域(緊急かつ重要)に対し
ほとんどの時間、力を
注いてしまうモノです。

 

 

そして、
最も重要と言われているのは、

「第二領域」です。

 

第二領域とは、

「緊急性が無いけど、重要な仕事」

です。

 

いわば、未来の自分を作る為に
重要な取り組み、タスクです。

 

 

この第二領域に入ってくるのは
人それぞれではありますが、

 

・見込み客獲得の仕組み作り
・半年後の商品販売の為の学び
・新商品販売方法を作る為の読書

なども第二領域に入るモノだと
思います。

 

 

 

「やらなくちゃいけないのは
 分かっているけど、全く進んでない…」

と言うのが、

第二領域の仕事になっている
可能性が高いです。

 

 

商売をしているなら、
今だけではなく、未来への安定も
作りたいと思っているはずです。

 

 

なので、第二領域は非常に重要です。

 

 

紹介依存による売上、
仕組みが無い中のビジネス、
繁忙期、たまたまニーズが多い時期、

この様な感覚で仕事を獲得していると
不安で仕方がありませんよね。

 

 

やはり誰もが
再現性のあるビジネスの仕組みを
作りたいと思っているはずです。

 

 

とは思いながら、
手掛けられないのが第二領域の
特性です。

 

 

理由はカンタン。

第二領域の仕事と言うのは、
やらなくても今すぐ問題には
ならないからです。

 

 

でも、コレを

「アリとキリギリス」の動画で
考えると、

 

アリはせっせこ、せっせこと、
冬の為の食料を、熱い夏から
集め続け、

冬も安定した生活を
送り続けたのです。

コツコツと頑張った成果ですね。

 

 

冬と言う直近の話ではなく、

商売においては一定の見込みの
お客さんが流れてくる仕組みを
作っておきたいですよね。

 

でも出来ない。

 

 

それは、
今でもある程度満たされているからに
すぎません。

 

 

今を生きるだけではなく、
未来の為に今やる事。

 

メルマガ、ブログはまさにそれ。

 

 

一気に成果は出なくても、
積み上がったものは大きな資産になり、

3年、5年先までもの仕組みを
作り上げる事が出来ます。

 

 

 

この様な第二領域の放置に
ならない様にする為には、

「5:1」

と言う風な仮の指標を持つ事を
おススメします。

 

 

5は、今の仕事。
いわゆる、第一領域です。

 

1は、未来の為の仕事。
第二領域ですね。

 

 

そして、その第二領域の仕事に、
日付などの目標期日を付け、

取り組んでみて下さい。

 

 

今すぐしなくても良い仕事を、

「しなくてもいいし」

と捉えるか、

「しなければならない」と変換し
業務に取り組めるかは、

日々の行動目標にいかに
置き換えられるかによります。

 

 

第二領域の仕事に使う時間、

1日10分ずつでもいいので
少しずつでも確保していく習慣を
付けてみて下さいね。

 

 

それでは今日もチャレンジングな
一日にしましょう。

 

 

 

・既存顧客・既存商品で売上アップ
・顧客獲得価値
・顧客生涯価値(LTV)を上げる

顧客価値向上パートナーズ
(マーケティングコンサルタント)
林田康裕

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【超カンタン!メルマガの作り方無料動画講座】
お金を掛けずに既存顧客の価値を上げる方法は
コチラ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です