自信を持ちたいなら「疑い」を持とう

林田です。

 

何事においても、
「よし、これでいける!」
「自分はもう大丈夫だ」
と思ったら、衰退がはじまります。

 

言い換えると、
「今のお客さんがいれば大丈夫だ」
「今のやり方のままで大丈夫だ」
「自分の考えは正しい」
「自分は理解できている」
こう思った瞬間に、
今が頂上という事になってしまいます。

こうなれば、堕ちるのを待つだけですよね。

 

 

 

僕はとがった強みを訴求する様な事は
あまりありませんが、

あえて強みを探してみると、
クライアントさんとの長期的なお付き合いが
実現できている事だと思います。

 

 

コンサルタントというのは、
廃業率がとっても高い仕事です。

クライアントさんとのお付き合い期間が
短い事が1つの理由じゃないかな、と
僕は勝手に思っています。

 

そのなかでも僕が何とかやれているのは
現在のクライアントさんのおかげでしか
ありません。

 

 

 

僕は今のクライアントさんと長期的に
関わり続けたいと願っています。

その上で、できているかどうかは別ですが、
僕が意識している事があります。

 

それは、
「今日、至っていなかった所はどこか?」
を常に考える様にしている事です。

 

 

ある程度の経験年数がたつと、
それ相応に自信をもつようになります。

しかし僕はコンサルティングにおいては、
「自信」の点は全く見ていません。

 

それよりも、
「今日いたっていなかった点を今日以降
どの様に改善しなければならないか」
を常々考えています。

 

 

 

目の前のクライアントさんは常に成長、
および変化されています。

なので自分がそれ以上に変化や成長を
しなければ、すぐに不要の存在になります。

 

当たり前ですよね。

 

そしてその成長の要素は、
スキルやテクニック以外のところにあると
僕は考えています。

 

 

 

何かしら専門性のある仕事なら、
自分の武器を磨き続けることを
怠ってはいけないと思います。

 

お客さんの為に武器を増やす、
と思っている方がいるかもしれませんが、
武器を増やす行為は、多くの場合、
自分目線です。

それよりも、
今もっている武器を磨き続けること。

そのためには、
現状に疑いをかける事が大切だと思います。

 

 

 

自信を持ち続けるためには、
「自信」と、その真逆の「疑い」を両方セットで
持ちながら走る事が大切だな、そう感じます。

 

いずれにしても、
現状に満足してはいけないですね。

 

成長を止めたら、
その間に周りが成長していきますので
置いてきぼりになります。

そうならない様にするためには、
適度な疑いは必要だと思います。

 

というお話でした。

 

———————————————
※もうしばらくすると、
僕の本が発売されます。

ぜひ多くの方にご覧頂きたい内容です。

特に、
・高付加価値サービス
・リピート商品/サービス
・無形のサービス
等を取り扱ってる方におススメです!




無料メールマガジンでは、
ほぼ毎日この様な記事を発信しています。

ぜひ下記からご登録ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓
無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です