10:1の法則

 

顧客価値向上パートナーズの林田です。

 

私は美容室さん専門の
サイトも運用しているのですが、

そちらに書いている今日のブログも
とても面白い内容なので、

そちらもご覧くださいね。

 

きっと常識が覆されます。
http://genkibiyoushitsu.com/?p=7161

 

 


 

【10:1の法則】

 

 

顧客1人あたりの価値を上げる事。

それが今後のビジネスには
最もと言って良い位に大切です。

 

 

その為に出来る事は、

・利用の期間を長くする事
・利用頻度を多くする事
・単価を上げる事

が代表的な事です。

 

 

もちろん、
従業員、スタッフの問題も
あるかもしれませんが、

ココでは割愛します。

 

 

江戸の商人が、

火事になったら真っ先に
井戸に放り込んだという、

顧客台帳。

顧客リストですね。

 

昔から顧客リストの
大切さが言われています。

 

 

そりゃそうです。

新規顧客と言うのは、
どんな属性の人なのか、

継続利用してくれる人なのか
全く分かりませんし。

 

 

新規顧客獲得においては
費用が掛かります。

 

一方、既存顧客に対しては
費用はあまり掛かりません。

 

 

今日のタイトルの

「10:1の法則」ですが、

数年前までは5:1と
言われていたモノ。

 

 

何かと言うと、

新規顧客獲得には
10の費用が掛かりますが、

既存顧客への販促は
その1割の
「1」で可能だというモノ。

 

新規顧客獲得は
以前よりもハードルが上がっています。

 

 

 

僕の様なメルマガも
既存顧客向けのモノだし、

ハガキ1枚52円でも
販促が出来ます。

 

 

よく言われるのが、

常時1割程度の新規顧客が
あった方が良い、と言う事。

 

と言う事は、
売上の9割は既存顧客で
決まるという事です。

 

 

顧客数が1割増えるだけなら、
売上は10%しか上がりません。

 

残り9割の既存顧客に
アプローチをする方が大切、
と言う事は分かると思います。

 

 

もっと言い換えると、

あなたの取組みの90%は、
既存顧客に向けなければいけない
と言う事です。

 

 

冒頭に書いた、

・利用の期間を長くする事
・利用頻度を多くする事
・単価を上げる事

の3つ。

一気に考えていませんか?

 

 

何をやっていいのか分からない、
と言う状態と言うのは、

課題が明確になっていない
可能性がとても高いです。

 

 

10:1の考えを活かすには、

まずは1つの事に思い切り
集中して取り組む事が大切です。

 

 

僕が他の方から教えてもらい
今心掛けているのは、

「〇日まではコレ1つのみ集中」

と言う事。

 

 

あれもこれもに気が散り、
結局は何も形にならない。

この状態が最も非効率です。

 

浅く広くと言うのが
最も成果が出ません。

 

 

1つ1つに集中し、
成果が出るまでPDCAを
回り続ける事。

 

意外とやっていません。

 

「コレやったけどダメだった」

と、

僕は色んな経営者さんから
伺います。

 

そして、

「何度それをしましたか?」

と聞くと、

大抵の場合、一度や二度。

 

 

この思考は、
10:1の真逆です。

 

チョットやって、成果が出ないと、

また新たな「1」の方の取組みに
目が行ってしまう。

 

これは余計にコストが
掛かってしまいます。

 

 

新たな事をするより、
今の取組みに対してさらなる
PDCAを回す事。

コチラの方が断然収益に
つながります。

 

 

取り組みも、思考も

10:1を心掛ける事。

 

既存顧客も、
既存の取組みも両方、

10:1の「1」です。

 

 

コストを抑え、
効率的に売上を上げるには、

「1」の既存の取組みを
改善、検証しなければなりません。

 

 

過去のせいにしていませんか?
媒体のせいにしていませんか?
諦めていませんか?

 

収益のチャンスは、
「見直し」に大きく隠されています。

 

新取り組みではなく、
既存の取組みに目を向けましょうね。

9割が既存顧客による
売上な訳ですからね。

 

 

 

・既存顧客・既存商品で売上アップ
・顧客獲得の価値
・顧客生涯価値(LTV)を上げる

顧客価値向上パートナーズ
(マーケティングコンサルタント)
林田康裕

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【超カンタン!メルマガの作り方無料動画講座】
お金を掛けずに既存顧客の価値を上げる方法は
コチラ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です