林田です。

私はコンサルティングと言う仕事をしていて、色んな業種・経歴の経営者さんとお付き合いをさせてもらっています。その中で、成果が出ない時には共通点がある事に気が付きました。もしあなたもこの7つのいずれかに該当するモノが1つでもあるなら、売上が飛躍するチャンスが隠されているかもしれません

実際、私自身もこの様な悩みを抱えていました。そしてこの事に気付いてから、成果が飛躍的に伸びて行ったのも事実です。

このお話は、聞いてもらうだけでも今後の売上アップにはお役に立てる話だと思います。私のクライアントさんで成果が出ている方にも共通して言える事でもあるお話をさせて頂きます。ぜひ読み飛ばさずに、じっくりとご覧ください。

 

売上が伸びない時の7つの要因

あなたが従業員を抱えながらビジネスをしているか、それともあなた1人でビジネスをしているかは私には分かりません。しかし、売上が上がらない共通点となると、ビジネスの規模感には関係なく、同じ様な要因がある事に私は気付きました。下記のどれか1つでも含まれていると、売上が伸びないままに時間をムダにしてしまっているかもしれません。あなた自身に問いかけながら、ご覧ください。

 

【共通点1】
経営者/起業家としての仕事が出来ていない

コレはよく言われる事です。日々の仕事をこなしていく事に精一杯になり、未来の仕事、売上をさらに伸ばす為の仕事、時間を確保できないままに進めている事にさえも気付かず、この数カ月、数年を過ごしているという経営者は少なくはありません。

未来の仕事をやっているつもりになっていても、抜けている事は本当に多いです。社長の仕事はマーケティングだ、と言われますが、果たしてこのマーケティング、言い換えると「売上を上げる仕組み作り」に対しての時間の確保が出来ているかどうか、コレは今一度考える必要があるかもしれません。7つの習慣で言う、第2領域の仕事(緊急では無いが、重要な事)が出来ているのかどうか、また、第2領域の仕事に対してどれ位の時間を取れているのか、これが大きなポイントになります。全くと言ってよい程この時間が取れていないなら、将来の為の仕組み作りへの注力が不足しているかもしれません。

 

【共通点2】
何が正しいのか理解できていない

これは商売の年数には関係なく、自分の中の当たり前が常に自分の邪魔になり、もっと良いシンプルな方法があるにも関わらず、今までのやり方に重く腰を置き、打破出来ないままになっている事もよくあります。

「フェイスブックが良い」「今LINE@が来てる」「メルマガが良い」「リマーケティング広告が…」と、最近はノウハウが世の中に流れ過ぎており、そのノウハウ、いわば小手先の手法にとらわれ過ぎて、小手先以前の【本質】を見直す事が無いままに、あれやこれやと学んだモノの、行動が中途半端になってしまうという状態です。

大切なのは、本質です。小手先を改善した所で、成果が長続きはしません。でも、

「自分に不足しているのはノウハウだ」

と、ノウハウばかりを学ぼうとし、いつまで経っても成果に変える事が出来ずに学び続けているという方も少なくはありません。

自分の事を知るのは本当に難しい事です。あなたが周りの方を見た時に「もっとココをこうすればいいのに」と気付く事も多いかもしれませんが、あなた自身もその様に見られているかもしれません。

 

【共通点3】
自分自身の「ガマン」に気付いていない

有形商品であっても、無形商品であっても、コレは小規模ビジネスではよくあります。顧客を満たす為に十分なサービス内容/商品であるにも関わらず、安価な状態で提供していたり、「この価格帯が適正だ」と思い込んでいて、せっかくの収益確保のチャンスを自ら犠牲にしていたり、、、

コレは商売のキャリアが長くなっている事と、適性な他者から客観的意見を取り入れる事が出来ていない時に起こります。安ければ売れるモノでも無いですし、安い価格帯のままで提供し続けても「働き損」の様な被害者の意識を持ったまま商売を続けてしまっている事も起こります。私自身もそうでした。日々、年々当たり前に行っている行動を疑う事は自分自身ではなかなか出来ないというのが要因になります。

 

【共通点4】
仕組みが作れていない

コレはマーケティングの分野の話です。カンタンに言うと、

・すべての顧客を一律で扱っている
・入口商品(フロントエンド)が収益商品(バックエンド)と繋がってない
・情報発信が間違っている
・価値を待っているお客さんを選別出来ていない
・収益商品が無い、または収益商品の構成に問題がある

この様な要因です。

マーケティングでよく言われる事ですが、
「BEST(最高)の最大の敵はBETTER(より良い)だ」と言う事。悪い事というはすぐ改善しますよね。でも今まである程度の成果を出している取組みと言うのは、見直しをせずにそのまま継続している事が多いモノです。その結果「ウチは仕組みが出来ている」と思い込んでいながら、過去から何の改善も無く行動を継続している所に気が付かず、大きなチャンスロスをしています。betterをbestとまで行かなくても、betterをもっとbetterにする事は可能です。

これが出来ないままでいると、いつまでもイタチごっこの様な商売を続ける事にもなり兼ねません。最悪の場合は、運任せのビジネスが続いているという状態も起こります。

そして特にここで多いのが「このままやっていけば良い」と言う思い込みが強い事です。このまま、、、と言う事を具体的にシミュレーションすると、時間軸でそのビジネスが破たんしている事もあり、根本から見直さなければそれ以上の拡大が難しいという事が意外と多いです。

 

【共通点5】
自分の「行動/思考のブロック」に気が付いていない

特にひとりビジネス、または小規模経営で社長であるあなたが全線に立ってビジネスをしている状況に多いお話です。いわゆるマインドの話ですが、意外と自覚症状が無い事が多々あります。

要因は、自分の価値を過小評価している所にあります。その結果起こるのが、
・自己開示に抵抗を持っている
・価格を上げる事が出来ない
・高額商品を作る事が出来ない
・情報発信出来ない
・人に頼る事が出来ない
・セールスが中途半端で、逆効果
等々です。

今まで学んできた事を活かせているかどうか、実はこのマインドブロックが大きなカギになっており、せっかく導入した高額商品を売れずにセルフイメージを下げてしまっている、下げ続けているという事もあります。いつまでも顧客の要望に従い続けているという事もあります。本来は有料でしなければいけない事さえも無料で継続している事も。この様な事も、マインドブロックが起因しているケースがあります。

 

【共通点6】
固定観念が邪魔している

コレは僕自身が苦しんだポイントでもあります。業種・業界の常識、競合の動向、過去の成功事例などが邪魔をする要因になります。

「新たな思考を取り入れる為に、他業種と触れよう」と言う行動をしても、思考自体が変化していなければ、せっかくの学びの機会をムダにしてしまいます。固定観念が邪魔しているという共通点は、いわば思考の問題です。

当たり前を疑う事。一時的には考えるモノの、コレを長く考える事、そして長く考えた上で取り組みを改善するには至らずに終わる事もあります。

 

【共通点7】
何がしたいのか、自分でわかっていない

私の知人のお話をします。
「今の商売ではこの先を見出せない」と言われており、違うビジネスに着手しました。でも、そのビジネスは半年も続きませんでした。この行動の要因は、

「今のビジネスをする目的が明確になっていない」

と言う事でした。ビジネスと言うのは、いわば手法です。手法を変えた所で、何かを満たす事が出来る訳ではありません。「誰に何をどの様に提供するか」と言う事以前に「自分にとっての幸せって何?」と言う事が明確になっていない限り、ビジネスでの満足感、幸せを得る事は出来ません。

売上が上がったら満たされる、と売上が上がる前には思ってしまうモノです。でも売上が上がった所で、満たされずのままの方もいます。これは内観部分を見直さなければなりませんが、自分の頭の中での自問自答では、自分自身を見直し、正しい答えが出せる方はごくわずかだと私は感じています。

人によっては、
・対象顧客像が理想とは違っている
・提供したい事があるのに、提供していない
・そもそも誰に提供したいか分かっていない
・自分のビジネスってどうなの?と疑念を持ったまま

と言う事もあります。ビジネスと言う手法ではなく、本質部分を内省的に考え、言語化する技術が求められるポイントです。

 

 

ビジネスを進める為に必要なモノ

買い手、いわゆる顧客のニーズ、ウォンツと、売り手の提供内容が100%合致するなら、それは商売としては最高の状態を表します。とは言っても、100%は世の中には存在していません。売り手が勝手に価値を設定し、その設定に反応してくれる人だけが顧客になります。この一致しない状態の時「自分の価値は低い」と考えてしまい、ノウハウを学び続けるというノウハウコレクターになってしまう事がよくあります。

私の過去の事例をお話すると、大きな成果につながった時と言うのは、新たなノウハウを得た時ではなく、新たな気付きを得た時です。そういう小さな気付きを得ないまま、得る機会が無いままにビジネスを続けていたなら、、、今考えるとゾッとします。ビジネスのスピードが3分の1、5分の1、または一生気付かずに過ごしてしまっていたかもしれません。その過去の状態を続けていたなら、毎日の不安から解消される事無く、自己満足感を得られないどころか、自分が何をしているのかさえも分からずにビジネスをしていただろうと思います。

     a

気付きがどの様な影響を及ぼす?

ビジネスは、枝、いわゆる手法と言うノウハウにこだわり過ぎてしまうと、全貌という幹(本質)とは関係のない方向に進んでしまいます。小手先を変えた所で、成果は一時的なモノになり、続きません。この本質の問題に気が付くと、ビジネスが一気に加速する事が多々あります。私のクライアントさんにおいても大抵の場合は、本質の問題に気が付いた時におおきな成果改善の変化が起きています。

とは言っても、本質への気付きは自問自答ではなかなか出来ないモノです。答えを求めるのではなく、問題を知る事。これが売上改善の最初の一歩です。まずは隠れた問題を知る事。9割以上の問題は、ノウハウ不足と言う所には隠れていません

   a

「こんなはずじゃなかった…」

私はサラリーマンの経験が長く、ずっと営業職でした。「こんな客とは付き合わない」「自分だったらこうする」と言う風に、サラリーマンの時では出来なかった【自由】を手に入れる為、自分の理想を思い描き独立しました。ところが、初年度は散々。。。(詳細はメルマガで散々書いてます)

「なぜこの様な状況になっているのか」については、一人で黙々と進み続けている時は全く理解出来ず、「ノウハウが不足してるんだ」「行動力が不足してるんだ」と、表面的な事に囚われ、いつか、または、もうすぐそれが解決される、と思い込んだまま行動と勉強を続けていました。でも自分では答えを見出す事が出来ず、強烈な違和感と不安感を持ったままビジネスを続けていました。

商売をしている中で、何故思う様に満たされる事が無いのか、から始まり、やがてその感覚が当たり前にもなり兼ねず、結局は独立する前の方が心地よかったのかも、、、と考える方も少なくはありません。自分の理想の状態に向かう為の阻害要因と言うのは、実は自分自身の心の中に答えがあります。だからと言って、この気付きを自分自身で得る事が難しく、私はメンターと言う存在によって気付きを得る事ができ、今では理想の顧客と理想のビジネスが出来ていて、仕事外の時間においてもある程度の自由を得る事が出来る様になっています。あの時に自ら手を上げ、アドバイスを受ける時間を得た事が自分の大きな分岐点となりました。

a

成長スピードの速い人

どんな商売をしていても、必ず自分のステージの変化があります。理想顧客の変化、商売のスタンスの変化、または自分がどんな人生を送りたいのか、と言う事も変化と言えます。商売を始めた頃から考えると、自分自身が求める要素がドンドン変化するモノです。

成果をドンドン出す人の共通点を見ていくと、「自分のステージ変化の時に、自分の環境の変化をいち早く自ら作っている」と言う人なのではと私は感じています。ステージ変化によって、付き合いたい人が変化したり、商売のスタンスが変化したり。成果を出している人は、この様なステージ変化の時にいち早く環境を変える為に外部の意見を取り入れる機会を定期的に持っている様に思います。

とは言っても、自分のステージ変化には自分自身では気付けないモノです。何らかの違和感を持ちながら、その違和感がどこにあるのか分からない、と言う状況であれば、それはあなたが新たなステージに立とうとしている事への自覚がない事、そしてどの様なステージに立ちたいか、が自分では理解出来ていないのではないでしょうか。

 

逆に、成長スピードが今までと変わらない人は、今までの環境からの変化を求めようとしていない人とも言えます。「95%の人は、周りからの影響で変化している」と言う有名な言葉もあります。環境を変えずして自らを変える事が出来る人は、わずか5%程度の人でしょう。今の状態が満足であれば問題は無いかと思いますが、もしそうで無ければ、下記も引き続きご覧ください。

  a

お試し相談をされた
お客様の声

株式会社ライフキャリアサポート 常光瑞穂さん
(カウンセラー)

今までどんなお悩みを持っていましたか?

・仕組みができていないので、行動が行き当たりばったりになっている気がする。
・ブログ、メルマガなど、散発的にやっていて自分の中で全体のイメージが持てていない。
・1つうまくいかなかったときに、ショックー!と引きずって行動が止まってしまうなど、感情に引きずられて行動量に制限がかかり、非効率になっている。

何がキッカケでコンサルに申し込もうと思いましたか?
様々な講座を受けて知識は得てきたのですが、その分行動が都度あれもこれもと取り入れて行き当たりばったり、散発的になっているように感じ、一度じっくりと現状を整理したいと思っていたタイミングでした。
林田さんは以前から動画やメルマガを見て励まされたり、学ばせてもらっていたので、この人なら間違いない!と思い、メルマガでのお試しコンサルの告知を見て申し込みました。

いざコンサルを受けて、どうでしたか?
思っていた以上にソフトな語り口で、想いをしっかり受け止めてくださいました。話がズレていったときに修正して下さったり、方向性を確認しつつ進めてくださり、安心感がありました。
また、必要な情報をしっかり伝えてくださって、具体的にすぐに取り入れよう、行動しようと思うことが明確になりました。

コンサルを受ける前と後では、どの様な変化がありましたか?
うまく行かないときにも一喜一憂せず、テスト結果と捉えて、淡々と次の行動ができるようになりました。
林田さんご自身が実践された方法も教えていただき、すぐに取り入れたところ、行動にブレが少なくなりました。
ご自身が取り組まれたことを失敗成功両方含めて等身大で語って下さるので、無理なく取り入れやすかったです。

また、コンサル後にメールでもフォローして下さり、「どうですか?また結果教えてくださいね。大丈夫ですよ」と、絶妙のタイミングで声掛けをして下さって、とても励まされました。

コンサルでは理想のお客さま像を掘り下げていただき、自分の内面の想いにより深く気づくことができました。そして、翌日に書いたメルマガで、セミナーのお申込を立て続けにいただくことができました。
「以前からメルマガを読んで気になっていたけど、今日のメルマガを読んでぜひ申し込もうと決めました」とおっしゃっていただいたり、「メルマガでいいなと思っていたけど、実際に会ってさらにファンになりました」と言っていただくなど、本当にうれしいお客さまとの出会い、ご縁に恵まれました。
漠然としていた理想のお客様像が、林田さんとのコンサルの中で明確になり、より伝わるメッセージや、理想のお客さまのお困りごとを解決する商品作りにつなげていけたからだと思います。

また、林田さんのコンサルのおかげで、私自身のセルフイメージも上げることができました。これまで、カウンセラーとしての実績には自信があり、来てくださったお客さまを幸せにすることには自信を持っていましたが、自分の専門ではないセールスには苦手意識があり、しっかり告知やご案内ができていませんでした。
それを「お客さまのために、必要な情報をしっかり伝える」と意識を切り替え、自信をもってできるようになりました。結果的に「悩んでいたけど、背中押してもらえてセミナーに参加してよかった」とお客さまに喜んでいただき、とてもうれしく思っています。

いろんな講座や本を読んで、知識はいっぱいある、けど、今一つ行動につながらない、何がボトルネックになっているのか分からない…そんな方におススメしたいです。
特に、セールスやマーケティングにメンタルブロックがある方におススメです。マインド面、あり方さえ変われば、これまで学んだ知識や経験がさらに活用できるようになり、無理なくさらに成果につなげていくことができると思います。

 

 

お客様の声


三木卓様(コンサルタント)

・今までどんなお悩みを持っていましたか?

とある商品を販売したいと思っていましたが、何かシックリ来ず、販売に踏み切れないままの状態と言うか、一歩目が出ないという感じでした。

・何がキッカケでコンサルに申し込もうと思いましたか?
以前から林田さんを知っていて、『お試し』というワードに反応して、ちょっと頼んでみようかな?という軽い気持ちでお願いしました。

・いざコンサルを受けて、どうでしたか?
「~を準備しなければならない」「~のスキルを持っていなければいけない」(三木さんが話されていた事で言うと、セールスコピーとかです)と思い込んでいましたが、現時点でも販売出来る事に気が付き、早速販売の準備に取り掛かろうと思いました。
自分が悩んでいる事が本来の悩みではなく、全く別のところに問題の本質(悩みの本質)がありました!そこに気付かせてくれました。これだけでも物凄く価値のあることです!

・コンサルを受ける前と後では、どの様な変化がありましたか?
行動に迷いがなくなりました。 はやく行動したくてウズウズしてます。 やるべきことがしっかりと腹に落ちた感じです。 自分1人ではココまでの答えと確信を見出す事は出来なかったと思います。

さっきまでの私と同じで、 『これがやりたいんやけどなぁ・・・んーーーーー・・・・・・・みたいな状態』の人にはオススメしたいですね。 本来悩むべきところがそもそも間違っている可能性がありますので。 そこに気付くことから始まるって感じです!

お客様の声

 

行政書士 鈴木貴士様

4月21日に個別コンサルを受けさせていただきました。

あれから外出制限もあったので、ZOOMや電話にて既存のお客さまと情報交換を続けてきました。
ほとんど、悩みを聞いたり世間話が中心でしたが、色々とストレスを抱える方も多く、たくさんのことを話しました。

その中で、お客さまが目をつぶっていたことや、後回しにしていたこと、この際だから形にという事で3件受任いたしました。業務としては、遺言と法人設立、顧問契約です。

実は法人設立と顧問契約は繋がっているのですが、お付き合いのあった社長のお婿さんの起業に関する相談からスタートしました。ここで、言われたのが「起業支援をして欲しい」でした。
職業柄、法人設立ならまだしも起業を通して支援、その先も顧問という形でアドバイスしてやって欲しいとの依頼にはびっくりしました。

今回の行動は知識やノウハウも必要ですが、先ずはそれを活かすマインドを成長させていく方が、成長の近道との思いが強くなりました。

林田さまとの個別コンサルという機会から、実に多くのものを得ることができました。
林田さまはもちろんですが、それ以外の悩んでいる人にも同じように支援していきたいし、そんな存在になっていくと強く決心しております。

本当にありがとうございました。

 


お試し相談にご興味を持たれた方、
今すぐ下記からお申込み下さい。
(日時などの詳細はこちらからご連絡させて頂きます)
↓↓↓↓↓
https://ltv-design.com/tcm/