Logo 【ひとり起業家、小規模ビジネス向け】既存顧客の価値(LTV:ライフタイムバリュー)を上げ、既存商品/既存顧客で売上アップ!

"飛躍したい1人起業家、小規模経営者さんへ”

まず今回のセミナーの趣旨についてお話させて頂きます。このセミナーは、従業員が30名以下の経営者さんが自走する組織作りを行う為の内容です。なかでも、「社長が一番の営業マン」と言う状況から脱却し、従業員の成長と共に会社をさらに飛躍させたいと考えている方の為のモノです。

もう少し具体的に言いますと、新たな従業員に期待するのではなく、現在いる従業員さんに主体性を発揮して成果を出してもらう事によって、社長は社長としての仕事である売上、収益が上がる仕組みに集中していきたいとお考えの経営者様向けの内容となります。

 

 

はじめまして。私は株式会社轍(わだち)コンサルティングの代表、林田康裕と言います。現在はマネジメントとマーケティングの2つを軸としたコンサルティングを、中小規模の経営者さんにご提供させて頂いております。東証一部上場企業様のマネジメント企業研修もさせて頂いております。現在は本質を大切にされる愚直な行動をされる、中小企業の経営者さんとお付き合いをさせて頂いております。

簡単な経歴を申しますと、私はMARSジャパングループにて東京本社でマネジメント業務を行っておりました。数字が厳しく離職率が比較的高めの外資特有の「毎年2ケタ成長」と言う高い必達目標を掲げながら、さらに部下のモチベーション、成長意欲を高めていくという事が求められる職務です。前もって言っておきますが、外資系企業だからと言って従業員が特別ではありません(私は小規模会社でも勤務していました)。「自分だけ良ければ良い」「他社を蹴落としてでも上がってやる」と言う思考の従業員も多くいるのが実情です(管理が難しいのです)。私は自分自身の営業スキルには自信を持っていた事もあり、「部下の管理も同じだ、自分がやって来た事をそのまま再現してもらえばいいんだ」と考え、いざ管理職に挑みました。しかし私のマネジメントは苦労から始まりました。

最初は机上の空論の様な学びばかりを得てはいましたが、いつまで経っても部下との心が通わずの状態でした。月に1度の会議において、部下に小さな「1」の事を伝えるが為に、「20、30位の気持ち」で丁寧に伝え、「分かりました」と言う部下の同意の元で1カ月の行動を開始。「よし、伝わったな」と言う手ごたえを持ち、そして1か月後の結果を楽しみにしていた所、、、全く進んでいなかったのです。何度もこの様な「あれっ、何故だろう…」という経験をしました。そしてこの経験が、私のマネジメントをより深く学び、再現性のある技術に変えてくれるキッカケになりました。

 

 

ハッキリ言うと、経営者は特殊です。世の中のほとんどが勤め人な訳ですから、経営者が杓子(しゃくし)定規で従業員に物事を伝えても伝わらないモノです。そしてココで理解しておかなければならない事は、

「言葉は情報が欠落したモノ」

と言う事です。例えばですが、ゾウを見た事が無い人に言葉だけでゾウの事を説明する事を想像して下さい。「灰色の肌で、ザラザラで、足が大きくて…」と言う情報だけであれば、ゾウを見た事が無い人からすると、サイを想像する事もあります。当たり前に使っている言葉と言うのは、共通の解釈が得られない事が多々あります。言葉のチョイスは、当本人の感覚や経験談から発せられます。その言葉を違う感覚、感性、経験を持っている従業員が100%理解出来るでしょうか。そうでは無いですよね。従業員に丁寧に伝えたつもりであっても、言葉の解釈が違う為、従業員は経営者が望む様に動いてくれないのです。では何をするべきなのでしょうか。

 

 

経営者がやってはいけない事として、

・表面上は聞いているふりをする(従業員は見抜きます)
・従業員よりも社長の方が話す事が多い
・最後まで従業員の話を聞かない
・従業員のひと言を聞いただけで「分かったつもり」になる
・常に従業員、会議に対して「80点以上」を目指す
・自分の思惑通りに進まなければ途中で自論を呈する

従業員と言うのは、経営者が思っている数倍も経営者を厳しい目で見ています。その結果、経営者から見ると10も20も離れている様に見える従業員は、逆に従業員の立場から見ると「1つ2つしか変わらない近いレベルの人」と言う風に見ている事もあります。

なんとも理不尽な事実ですが、経営者と従業員のゴールが違うから仕方ありません。ただこれを理解していると、従業員への対応方法が大きく変わります。今回のセミナーでは、そのヒントを時間内でお伝えいたします。

 

経営者が従業員に言葉を発する目的と言うのは、従業員が理解して意欲的に行動してくれ、成果に繋げるという事だと思います。先ほどお伝えしたように、言葉は情報が欠落したモノです。コレをシンプルに考えて行きましょう。

経営者が発する言葉では、従業員との共通認識を持つ事がなかなか出来ません。なので経営者がすべき事は【共通言語を持つ事】です。分かりやすく言い換えると、従業員の言葉を軸に話を進める事で、従業員の脳内の感覚と同じ言語を用いて会話を進める事が出来ます。それにより、従業員の更なる理解を深め、従業員に自ら言葉を発してもらう事です。
これが「言葉は発した本人に最も作用する」と言う意味です。

コレで傾聴の大切さを理解いただけたと思います。よく傾聴が大切とは言われますが、ただ聴く事が目的ではありませんし、従業員を尊重する事だけが目的ではありません。傾聴の本当の意味は、従業員が発する言葉を軸にコミュニケーションを図る事、すなわち従業員との共通言語を用いてコミュニケーションを図る事によって、より理解を深め、納得、かつ意欲的に行動してくれる様になる事です。

 

コレは私のマネジメント実務経験談を交えてお話します。まずは会議において、進め方を大きく変更しました。マネジメントのスキルを知らなかった頃の私は、自分が決めた「こうあるべき論」「この様なゴールに着地させる軸」の内容で、私の解釈内でNOと思う事は一切受け入れずでした。これを大きく変えました。

改善後、私はほとんど発言しなくなりました。私から会議で伝える事は、〇〇の1つだけにしました。すると、、、今まで会議では一切発言しなかった部下たちが積極的に発言する様になり、さらにはその決め事に対して積極的に改善してくれ、1カ月後には決めた行動目標が全て行われているという状況に変革しました。「コレが主体性を発揮するというモノなのか!」と感じた瞬間でした。「それは私がやります」「それよりもこうする方が良いのでは?」と言う風に、今までは冷ややかで静かな会議が、部下の積極発言によって急に活気づいてきたのです。

経営者であるあなたが考える、「従業員が思う様に動いてくれない理由」として、代表的なモノがいくつかあります。その中で2つ、下記にご紹介させて頂きます。

 

まず、私が今まで経営者さん、及びその会社の従業員さんとお話させて頂いた中で、100%と言っても良い位に当てはまる「社長が思う様に社員が動いてくれない理由」ですが、

「経営者と従業員の危機感の違いから来るギャップ」

です。経営者と従業員が同じ言葉を聞いたとしても、解釈は全く違うモノになります。コレは当然の事なのですが、固定給で働いている限り、「最低限、出勤しておけば保証された給料がもらえる」と考えている人間と、「売上・利益を上げなければ会社を存続出来ない」と考えている人間では、全く見えている世界が違います。結果「コレをやってくれ」と話をしても、その言葉にとらわれ、従業員は表面的な解釈しか出来ず、言葉の意図をくみ取る事が十分に出来ません。

さらに残念な事に、この様に考えている従業員を、取引先の社長はもちろん見抜いています。その結果、深いお付き合いにならず、表面的な取引が多く出てきてしまい、社長ほどの生産性を上げるには至りません。問題なのは、売上・生産性を上げないという表面的なところではなく、根本的な思考の部分にボトルネックが存在しているのです。

 

もう1つの共通する問題点は、「手法に答えは存在していない」と言う事です。

私はマネジメントとマーケティングから中小企業の経営者さんのコンサルティングを行っております。大抵の場合は、経営者さんからの相談として「ウチには売上の仕組みが無いから…」と言う事で、マーケティングの依頼から始まります。ただ私の業務は、経営者の理想を共に形にして行く為に弊害となっているモノを解消し、最短でゴールに向かう事です。そして経営者さんからヒアリングをさせて頂くと、売上の仕組み…ではない所にボトルネックが発生している事が大抵であり、そのボトルネックには必ず、従業員との関係、従業員のパフォーマンスのどちらかが含まれています。

「社長が一番の営業マン」。こう言ったケースは少なくはありません。ただこの状況を続けていると、いつまで経っても1馬力、または2馬力と言う状況が続いていきます。結果、売上を飛躍させることが困難となり、小手先の戦術という手法に力を注ぎながらも、根本、本質部分である「実行する人のパワー」が変わらないまま、せっかくの新たな打ち出しを行ったところで臨む成果は上がらないままになってしまいます。 

大切なのは、手法ではなく、その背景にある「本質」「感覚」です。理由①にも似ていますが、従業員は「手法が不足している」と思い込んでおり、経営者であるあなたと従業員の問題の所在が共通していないので、会話がかみ合う事無く日々進んでしまいます。この様な問題を見て見ぬふり、またはそこに触れずに商売を続けていると、残念ながら大きな飛躍を求める事が困難になります。

 

マネジメントに関する本は書店、アマゾン等でも山の様にあり、既にたくさんの読書をされた方も少なくないかと思います。「マネジメントの~理論・~メソッド」と言うモノも多々あります。ただ、机上の空論で、「分かっている、でもそれを実行するには実践の中でどの様に…?」とお考えの経営者さんが多いのが事実です。私のクライアントさんでも、従業員を雇用している経営者さんは、既にマネジメントを学んではいたモノの、具現化する事に行き詰っていた方も多かったのが事実です。

マネジメントは至ってシンプルです。ただそれを感覚に落とし込む所まで持っていく為には必要なステップがあります。今回のセミナーでは、机上の空論だけでは無く、実務的な事と私の経験談(失敗談も包み隠さずお話します)も交え、「手法」と「本質」の両方をお伝えさせて頂きます。今回のセミナーの内容につきましては、この続きをお読み頂く事で理解頂けると思います。

 

 

 

 

このセミナーで得られるモノは、どの様な従業員であっても、タイミング、能力を踏まえた上で、各々の状況に合わせたアプローチ方法を学び、各個人が持っている能力を最大限発揮できる強いチームを作ると言うモノです。整理しますと、

・従業員が主体性を発揮する組織作りの考え方と取り組み方
・従業員との円滑なコミュニケーションを図るスキル

・「人ごと」では無く「スキルごと」に従業員を評価、対応する方法
・社長自身の戦略作りの為の時間確保
・感覚マネジメントでは無く、再現性のあるマネジメントスキル

この様な事を学んで頂けます。

 

まず理解しておかなければならないのは、才能と技術の違いです。

才能とは、
「本人が持っている感性×経験」であり、再現性が乏しくなります
そして技術とは、
「言語化出来るモノ」であり、再現性のあるモノとなります。

学びにおいて大切なのは、一時的な成果では無く、長期にわたって成果を出す事が出来る再現性です。今後どのような従業員が入社してくるかも分かりませんし、得意不得意の人物も存在して当たり前です。今回のこのセミナーの時間内において、再現できる技術のヒントをワークも加えながら、あなたの従業員を想像しながら進めさせて頂きます。※ある従業員Aさん1名だけを想定し、ワークをして頂きます。

 

今回のセミナーでは、まずは原理原則の部分をお伝えします。マネジメントに必要な3つの要素を先にお伝えします。この原則を飛ばしてしまうと、枝の部分と言う表面的なアプローチしか学べなくなってしまいます。この3つの要素が核の部分となります。

その上で学んで頂く事として、各々の従業員ごと、タスク(業務)毎の接し方です。4つの段階に分け、それぞれのアプローチ方法の違いを言語化します。「Aくんは~なタイプだから」と言う風に、人を人として接してしまうと、大切なAくんの強み、そしてAくんが強化すべき所、この両面に対して同じアプローチを取ってしまいます。その結果、まず起こる事として、Aくん自身が自分で自分の強みを理解出来ない状況に陥ってしまいます。マネジメントの最初の段階で大切なのは、強みを伸ばす事、それ以前に、Aくんに強みを明確に伝えてあげる事です。この方法を学ぶと、従業員がドンドン主体性を発揮してくれる様になります。

 

もちろんの事ですが、いきなり従業員が変化する事はありません。一発逆転策を願っている方はココまで読んでいないと思います。ただ、人が動く時には原理原則があります。

私のコンサルタントとしての失敗談を言いますと、とても恥ずかしい事ですが、クライアント先さんの社長に指示をしていた時期がありました。すぐに分かって頂いたと思いますが、経営をしている方はそもそも命令されたくないから経営をされていますし、ご自身で実現したい事が必ずあります。ダメな所ばかりを指摘され、ああしろ、こうしろと言われる人と付き合いなど望む訳もありません。コンサルタントとしての初年度はこの様な事に気が付かず、クライアント先さんとの関係も長く続きませんでした。もちろん今ではこの様な対応とは真逆のアプローチを行っております。

ただこの話は、従業員と経営者の関係にも同じ事が言えます。誰もが独自の強みを持っています。人と言うのは強みを生かす事によって最大限成長すると言われています。しかし経営者と言う立場で従業員を見ると、従業員のダメな所ばかりに目が行ってしまい、ダメ出しがメインになってしまう事もあります。これでは従業員は意欲的にはならないですよね。ではどうすれば良いのか。ひと言で言うと、この真逆のアプローチを行えばよいのです。

 

少し想像して頂きたいのですが、今以上に
「社長、私は~と思うのでこの様にした方が、、、」と言う積極的意見が出る様になればどの様な事が実現できそうでしょうか。会社を経営しているのであれば、もっと攻撃に対する時間を取りたいのは当然だと思います。主体性を発揮する従業員が少しずつ増えると、
・経営者の仕事を振り分ける事が出来る
・結果、攻めの経営の為の時間を確保できる
・事業規模の拡大、収益性の改善も可能となるこの様な事も実現できる様になってきます。
小手先では無く、原理原則からマネジメントを学んで頂く事によって、たとえ従業員が変わっても、会社の状況が変わっても、強固な組織作りが出来る様になります。

今回のセミナーでは、前半、後半に分け進めさせて頂きます。時間が限られていますが、前半部分は「マネジメントに必要な基本、3つの要素」について、後半部分は「4段階マネジメントアプローチ」についてお話させて頂きます。

今回はワーク形式でセミナーを進めさせて頂きます。ワーク形式で行う明確な理由があります。

・人の話を聞いているだけ= 5%の学び
・読書         =10%の学び
・経験をする      =75%の学び

人の話を一方的に聞いているのは疲れますよね。実はそれは当然の話なのです。上記太字にも書きましたが、聞いているだけなのと、学びをその場で経験するのとでは、15倍の学び吸収の差が出ます。セミナー後も活用出来る学びを私は提供したく思っていますので、今回はワーク形式とさせて頂きます。

 

アメリカでの統計値によりますと、社長と言うのは約5分に1回の仕事の邪魔が入ると言われています。従業員からの連絡、お客さんへの対応、クレーム等の何らかの不手際、納期確認など、様々な連絡が入ります。この問題が起こっている時に「今日も忙しい」と充実感を感じる方は少ないかと思います。7つの習慣で言う、第2領域の仕事(緊急では無いが、重要な仕事)にどれだけ社長であるあなたが時間を取れるか。これが生き残り、勝ち続けていくポイントです。第3領域(重要ではないが、緊急な仕事)や第4領域(重要でも緊急でも無い、誰でもできる仕事)に時間を取られてしまっては仕組み化が出来ません。まずは時間を確保する事。その為には、従業員を育てて仕事を振り分けていく事が求められます。

 

 

 

 

 

 

 

株式会社轍(わだち)コンサルティング
代表取締役:林田康裕
マーケティング/マインド/マネジメントのサポート
(コンサルティング)
 
関西外国語大学 外国語学部英米語学科卒業
【経歴】 
サラリーマン時代、地元企業から大企業まで転職に次ぐ転職(6回)。最後のサラリーマンでは大手外資企業にて東京本社にてマネジメントのポジションを経験。
独立初年度、どん底を経験。自分の実力の過信により、マイナス8桁の1年目を経験。その経験から自らの内面と向き合わざるを得なくなり、自身に足りないマーケティングスキル、自己コントロールを学びながら、飛び込み営業から顧客獲得を開始。
その後はオンラインも活用し、WEBとリアルを織り交ぜた集客の仕組みを構築。携わったクライアントの業種は、美容室/治療院/家事代行業/印刷会社/システム会社/ネットショップ/士業、等々。マーケティングと言う、コチラから決め込んだノウハウだけを使わず、クライアントの状況に応じ、マネジメント、マインド面のサポートをする事で成果に反映させる。
『失敗/挫折を味わった事が無い人間が、人に教える事が出来る訳が無い』
   a
【ミッション】

自ら独立して自分の望む人生を創出する事が出来る経営者さんを1000人サポートし、共に成長し合える環境を提供する事
 
【カンパニースピリッツ】

あり方、やり方の両輪を稼働させる事で、適正価値を見出せていない、適正価値を伝えられていないビジネス価値の最大化を行い、販売者側の自己一致感を達しながら、納得の客数と納得の単価で「ありがとう」と言われるビジネスをサポートする

 

 

セミナー名:状況対応マネジメントセミナー

日 時:2018年9月25日(火)14時30分~16時45分
(開場14時15分)

場 所:梅田界隈(お申込者様に詳細ご連絡します)
人 数:最大3名
参加費:5000円(税込)

※ご参加は経営者様限定です。従業員の同行はお断りさせて頂いております。

 

 

 

 

今回のセミナーでは、マネジメントに大切な要素をダイジェスト版の様な形でお伝えさせて頂きます。既にあらゆるご経験をされている方ならこのセミナーに参加頂くだけで十分にご自身で実践して頂く事が出来ます。

また、このセミナーにご参加頂いた方には特典もご用意しております。セミナー後の懇親会(本番はコチラ、な気持ちです)も予定しております。懇親会では楽しくお話出来ればと思っています。ぜひ本音で語り合いましょう。素晴らしい経営者さんとの出会いを楽しみにしております。ぜひ下記から今すぐお申込み下さい。

 

 

 

追伸:3名様限定のコミュニケーションが取りやすいセミナーです。お早めにお申込み手続きをお済ませ下さいませ。