こんな質問してますか?

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

株式会社轍(わだち)コンサルティングの
林田です。

 
女性ウケが少し良くなってきたのか、
女性起業家さんとのお取引が増えてきました。

実はこれは僕にとっては衝撃的で、
今までお付き合い頂いていた方々は
95%男性経営者さんでした。

 

 

かつては、、、

病院の待合室に座っていると
おじいさんから変なトコ触られたりとか、

心斎橋でオカマに追いかけられたので
ダッシュで逃げたら相手の方が早い位で
なかなか逃げ切れなかったりとかw、

あらゆる意味で男性ウケが強い
辛い日々を過ごしておりました。

 


これでも控えめの経験です。

 

 


 

【こんな質問してますか?】

 

 

相手の事を知るためには、
良質な質問が大切と言われています。

 

断定的質問、オープンな質問など
ありますが、

「相手のお悩みの本質を見極め、
 行動に転換してもらう為の前段階」

として外せない3つの質問について
お話をしたいと思います。

 

 

先に3つを言っちゃうと、

・概念
・感情
・行動

です。

 

概念に対する質問とは、
相手が使っている単語の意味と
あなたが捉えている単語の意味は
一緒でないケースが多いです。

相手の事を理解するためには、
相手の言葉の概念を確認する事が
必要になります。

 

感情に対する質問とは、
言葉の通り。

人が動ける/動けないを分けるのは
感情次第って事です。

感情を確認せずして
割り切った仕事のお話をしたところで
前に進まない事もありますからね。

 

そして行動に対する質問。

過去にどんな行動をしたのか、
これからどんな行動をするつもりか、
この前後を聞く事によってその人の事を
より理解する事ができます。

 

 

何となく使っている単語で
何となく会話が進むモノです。

その結果、
クライアントさん、及び部下の人等が
見落としてしまっている事があります。

 

 

 

私はコンサルタントとしては

「知識を教える人」じゃなく、
「成果が出る為のサポートをする人」
と言う感覚を持っています。

人は知識だけで成果は出ませんので。

 

 

あなたは誰かと接する時、
相手の事をわかったつもりに
なってしまった事はありませんか。

(僕はたくさんあります)

 

 

良質な質問、
上手く出来ているかどうかを
確認してみる時間も大切かも
しれませんね。

 

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です