「ついでの仕事」を受ける方へ

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

株式会社轍(わだち)コンサルティングの
林田です。

 

 

今日は前置きトーク無しで。。。

 

 

 

「ついでの仕事」をしてしまっている方へ。

「ついでの仕事」を辞め、
サービス内容ごとに料金設定をしたい方へ。

 

 

 

「あの人、何においてもお金を
 請求するんだよ。
 ついでで教えてくれたらいいのに
 1つ1つお金を取るんです。
 商売のやり方が汚いと思う。」

 

と、とある方がある方に関しての
不平不満のお話をしていました。

 

 

 

この発言をされた方が今度は
こんな発言をしてました。

 

「自分はついでの仕事が多くて
 サービス毎に料金設定を
 したいんだけど・・・」

との事。

 

 

なるほど。。。

 

 

僕は思いました。

自分がサービスを受ける時は
「ついで」で学びたいと思ってるのに、

自分がサービスを提供する時は
「別々」で
提供したいんだな、と。

 

ちょっと虫が良すぎる気がします。。。

 

 

 

 

こんな事例もあります。

 

ある業界での集客コンサルタントを
(以下、Aさん)
やっている人から、

僕の知人のコンサルタント(以下Bさん)に
個別相談の申込みがあったそうです。

(AさんとBさん、面識なしです)

 

 

相談事は、

「集客に困っています」

との事だったそうです。

 

 

教えるのと、自分の実践とは違うし
ココまでは納得、と言うか、
よくある話だと思います。

 

 

 

そんな事は良いとしまして。。。

 

この申込みをしたAさんに対し、
僕の知人コンサルタントのBさんから
連絡をしたにも関わらず、
Aさんと音信不通になったそうです。

入金もなければ、返答も無し。

 

 

 

僕はこのお話を聞いた時、
このAさん自身、同じ様な経験を
たくさんしてるんだろうな、と
思いました。

(同じ様な経験とは、ドタキャンや
 イヤなお客さんの相手をする、等)

 

 

 

 

わたしたちは、
「売り手」の立場、
「買い手」の立場、

生活の中では両方あります。

 

 

でも意外と、
売り手の立場の時にワガママを
望んでいる事もあるかもしれません。

 

そして現実的には、
買い手の時の対応が、
自分が売り手の立場になった時にも
起こり得ます。

 

 

 

「コツ」ばかりを求めていたら
「コツ」を望む人間が周りに来ます。

 

人を助けていたら、助けてもらえるし、
人を馬鹿にしていたら、バカにされる。

 

一生懸命サポートしていたら、
それに応えてくれるし、

「この人は嫌いだ」と接していると
相手も心の距離感を埋めようとしません。

 

 

 

 

売り手の立場、買い手の立場は
常にカガミですね。

必ず自分に返って来ます。

 

 

 

僕もワガママなお願いごとを
過去にした事は多々ありますが、

気付いている範囲内では色々と
改善したつもりです。

 

 

 

当たり前の話ではありますが、
売り手の立場の対応だけじゃなく、

他人に対しての対応に関しても
見直せる所って一生あるんだと
思います。

 

 

僕もこの様に書いて、
自分に返って来ます。

 

 

 

 

と言う事で
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です