「出来ない」を変える方法

 

 

顧客価値向上パートナーズの
林田です。

 

 

今日も朝から東京です。
今日と明日、セミナーです。

 

あと一息なので、
楽しくやり切ってきます。

 

 

 

あ、一点お知らせです。

 

今回のセミナーに出たかったけど
参加出来ないという方も何名か
メッセージを頂いてますので、

セミナー動画も販売する事に
させて頂きました。

 

 

また別途ご連絡させて頂きますが、

「セミナーに出てから1週間後に
120万の契約が取れた」

と言う方もおられました。

 

 

素晴らしいですね。

 

僕もとても嬉しいです。

 

あと少しありますので、
気になる方は再度チェックして下さい。
http://kokyakusouzou.com/lp/sales-breakthrough/

 

 


 

 

【「出来ない」を変える方法】

 

 

根性!

と言うお話ではありません。

 

 

僕はお仕事柄、
色んな商売をしている人に
お会いする機会があります。

 

 

従業員を雇用されている方、
または一人でされている方も
共通して言える事なのかも、と
僕は思っています。

 

 

 

 

何かをしようと思いながら
・上手く行かない
・出来ない

と言う時、

この様な事は少なくありません。

 

「時間が無い」
「その取組みに集中する時間が無い」
「(他人)が~だから悪い」
「(他人)が~だから出来ない」
「あと~を学ばなければいけない」

「今は~だから出来ない」

 

 

この様な発言が飛び交う事は
ありますよね。

 

 

 

 

上記の様な発言に共通しているのは、

「責任の所在を『外側』に置いてる」

と言う事だと思います。

 

 

言い換えると、

「自分で解決する」

と言う思考では無くて、

環境や他人のせいにしてしまい、
自分が出来ない理由を正当化する
と言う考えになっているという事です。

 

 

 

時間を作るのも自分だし、
他人を変革させる事が出来るのも
自分だし、

「今」を作るのも自分であると
僕は思います。

 

 

 

 

「~だから出来ない」

この発言をしてしまうと、

自分のセルフイメージを思い切り
下げてしまいます。

 

 

また、

他人のせいにしてしまうと、
自分が成長する事はありません。

 

 

 

 

僕がサラリーマンの時の
チョットした経験の話を言いますと、

 

とある僕と同じ役職の人間が
いました。

 

 

その彼は、

「部下に~君が欲しい」
「彼を転勤させて」

みたいな感じで、

出来る部下を自分の組織内に
入れようと試みていました。

 

 

コレは他人への依存であり、
出来る人間が集まれがよい組織が
「一時的に」は出来ます。

 

 

このケースにおいて、
双方、成長の余地はありません。

 

 

 

 

 

人も環境も、
全部自分で作り出すものだと僕は
先人から教えてもらいました。

 

 

 

「~が分からないから出来ない」
「~を済ませたら開始する」
「~のウチはガマンだ」
「~を準備し、年内には開始する」

みたいな発言と言うのは、

 

【自分の過去の思考からの答え】

であり、
未来への第一歩ではありません。

 

 

 

 

成長を続けるには、

まずは全ての環境、現状に対して
全て自責で受け入れるという事だと
思います。

 

 

選択して今があり、
その今は自分が選んだ環境のはずです。

 

 

 

 

「~だから出来ない」

と言う発言を辞め、

「~だけど、この様にすれば出来る」

と考えを変えたら、

突然成果が出る事が多いです。

 

 

 

 

と言う事で、
自分の過去の思考からの答えを
出すのをやめ、

今までの決断とは違う方法で
新しい道をぜひ切り開いて下さい。

 

 

突然、大きな変化が出ます。

 

 

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいね。

 

 

 

今日の夜、誰か東京でご飯でも
お付合いしてくれないかなぁ~♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です